• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

課長塾 女性課長3人のリアル座談会

課長は本当に辛いポジション?

2013年3月6日

「べき論」を捨てたらラクになった

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

リーダー養成講座「女性版課長塾」に参加した管理職3人に話を伺った。社内に女性管理職は増え

ているものの、まだまだ少数派。先輩も経験したことがない課題に悩むことも。

メンターなども見つけ、自分たちの経験をシェアできるといい、と言う。

渡辺 昔の部長っていわゆる「おれについてこい!」というボススタイルの方がすごく多かったですよね。一方で、チームのメンバーたちは「できれば自由にやらせてもらいたい」と思っています。となると私は板挟みのような状態になるんですよね。どうすればいいでしょう。

倉嶋 苦しいですよね。部長はこうあるべき、課長はこうあるべきと、しゃくし定規に考えると苦しいです。私が課長になりたてのときに、私の上司が教えてくれたマネジメントの方法があります。それは、例えば、「Aさんに対しては、常にこういうマネジメントをする」としゃくし定規に決めるのではなく、仕事ごとに考えていくんです。

 「Aさんとは、この仕事は一緒に考えて一緒にやった方がいい」とか、「Aさんがやっているこっちの仕事は任せたので、何かあったときにあなたから相談してきてくださいね」と仕事ごとに切り分ける。つまり、「一緒にやる部分と任せる部分、パーツパーツでマネジメントを切り分けるといいよ」と教えてもらったんです。

 そのやり方を聞いたとき、楽になりました。というのも、常にこうした態度でいなければならないという「べき論」で考える必要がなくなったからです。それで、やりやすくなりましたね。

原嶋 その場の細かい仕事まで介入する人はいませんが、手は出さずに口だけ出す人はいました。ただ、上司が口に出すことは私にとってためになることも多かったので、実は感謝してます(笑)。「まずは自分がどうしたいのかを決めろ」「それをメンバーに浸透させて、メンバー自身にも『そのために自分はどうしたいのか』を考えさせろ」「考えさせるのが課長の役割だ」と言われました。

渡辺 なるほど。それはいいですね。

原嶋 でも、部下がちゃんと考え、私もOKを出したプランでも、部長から徹底的にダメ出しされることはよくありました(笑)。

 いい、悪いの判断は結構はっきりと言われるので、後から、反省すべきところがよく分かるのはよかったですね。

渡辺 チームの方々とのコミュニケーションはどうでしょうか。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ