• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

課長塾 女性課長3人のリアル座談会

女性管理職 課長の現場とは?

2013年3月4日

先輩たちも未経験の課題に悩むことも

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

リーダー養成講座「女性版課長塾」 に参加した管理職3人に話を伺った。社内に女性管理職は増え

ているものの、まだまだ少数派。先輩も経験したことがない課題に悩むことも。

メンターなども見つけ、自分たちの経験をシェアできるといい、と言う。

他の業種の女性管理職って何をしているのか興味あり

――では、最初に自己紹介をお願いいたします。まず、原嶋さんから。

原嶋 東京海上グループのシステム子会社の人事部で働いています。採用と給与・社会保険、健康管理関係のサポートをしています。弊社では、女性管理職は比較的珍しくはありませんが、さらに上位職に就く人がいない。また、現在の管理職に続くなり手がストップしています。会社では「何か問題があるのだろうか」と考え始めています。人事部でも、今回の「課長塾」のように女性管理職も社外の人と触れる機会があった方がよいのではないかと考え、私が「偵察」で参加させていただきました。

――倉嶋さんは。

倉嶋 今の部署に来たのは7年前で、現在、SUUMOカウンター推進室にいます。SUUMOはリクルートの住まいに関するメディア名です。不動産・住宅サイトのSUUMOや情報誌・フリーペーパーのほかにリアルな店舗で、お客さんに物件を紹 介する「SUUMOカウンター」を展開しています。

 そこで、私は首都圏のリアルな10店舗を預かっています。チームメンバーは34人。私は店舗のアドバイザーとして、34人のマネジメントが仕事です。

 実際に「課長塾」に参加してみて、世の中の女性管理職の人ってこんなに頑張っているんだなと、感心しました。

2012年11月、東京日比谷のレストラン『COVA TOKYO』で。左から原嶋友子氏(東京海上日動システムズ)、倉嶋恭子氏(リクルート)、渡辺良江氏(NTTデータ)

――では、渡辺さん。

渡辺 私は、最初入社したのはNTTです。その後、同じNTTグループの金融子会社などを経て、今の会社に転籍をしました。小泉政権時代に掲げた「小さな政府」の方針のもと、行政が施設を整備し運営していた病院や図書館などを民間にシフトしていく政策が取られました。

 その政策のもと、自治体に対して民間の資金を活用したプランを提案する活動をしています。

 私たちの営業活動は少し特殊で、プランを提案しても自分たちだけでは運用できないので、建屋の設計会社やゼネコン、例えば図書館だと本屋さんにも入ってもらうんです。各社が出資して子会社を立ち上げて施設を整備、運用するのが前提です。その運用企画から会社設立までの一連の工程を請け負うのが我々の営業です。いろいろな関係者を巻き込みながら、1つの施設の運用プロジェクトを動かしていくイメージですね。

 現在、推進部は、部長1人で課長2人。正社員、それから派遣社員、協力会社、パートナー企業を含めて全部で14人います。普段、私と一緒に動いてくれているのは5人です。ただいつも一緒に同じプロジェクトを担当しているのではなく、各自が別々のプロジェクトを担当しているためプロジェクトごとに違ったメンバーで動きます。期間はまちまちで1年から2年でしょうか。施設の運用期間になると15年ものとか20年ものがあるんです。

 勤務先企業には、グループ内に研修だけを専門にやっている子会社もありますので、社員は大抵そこの研修センターに研修を受けに行くんです。ただ、そこは、スキルアップのための研修のメニューが大半で、マネジャーとしての研修はほとんどないんです。そこで、今回の課長塾に興味を持ちました。

 性別に関係ないコース、女性だけのコースがありましたが、あえて女性の方に行ってみようと思いました。

 男性が多い会社で働いていると、私の視点が男性とは違ったりすることが多々あるんです。私の意見はすごい少数派で、自分がおかしいのかな、私のビジネススタイルって受け入れてもらえないのかなと不安に思うときがあったんです。

 でも今回、女性マネジャーがたくさん集まった課長塾という集まりの中で、自分の意見を言っても賛成していただける機会が多かった。ああ、私が思っていたことって普通なんだと思って安心しましたね。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ