• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

マヤの智恵から学ぶ「金運と錬金術」

2013年2月28日

あなたにとって「お金」とは何ですか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 今回は、マヤの視点からみた「お金」「金運」について少しご紹介してみたいと思います。

 古代マヤ族が生きていた時代にも現代の「お金」に匹敵するような「通貨」がありました。交易用の通貨として使われていたのは「貝殻」「翡翠」「鳥の羽根」「カカオ豆」などの貴重品です。これらは支配者や王への貢ぎ物として、あるいは神々への供物としても差し出される高価なものでした。

 古代にマヤ族が「0」という数の概念を発見していたことは有名ですが、「貝殻」の図柄はゼロという数を表し、首飾りや耳飾りなどのような装飾にも使われたり、楽器として使われたりと大変珍重されていました。身分の高い人びとの墓の副葬品のなかからもたくさん発見されています。

 古代マヤアステカ文明の時代、スペインのトレジャーハンターたちはユカタン半島に金・銀・財宝が眠っていることを突き止めたそうです。そこには月をかたどった銀製の大きな円盤や、あふれんばかりの金の粒でおおわれたヘルメット、ケツァール鳥の羽根毛とエメラルドで編んだ頭飾りに黄金で描かれた絵など、驚くほどの金銀財宝が貯蔵室におさめられ宝の山が眠っていたと報告書に記されていました。

 スペイン人は先住民に問いただしました。「それらの金はどこから得たのか?」マヤ族は答えました「神々からです」

 その地方の言葉で「金」は「テオクゥイトラトル」と呼ばれ、「神々の排出物」「神々の汗や涙」を意味する言葉でした。そして金のある秘密の場所や採掘の技術を教えてくれたのは「偉大な神ケツアルコアトルだ」と答えたそうです。通貨は交易用のもの。そして金塊は神々の涙として価値ある尊いものだったのだと思います。古代マヤ族にとって「通貨」は「金」とは違う価値のものだったとも言えますね。

 私たちが現在「お金」と呼んで使っているものは、世界各国の銀行や中央銀行が独自に紙幣や硬貨を発行し、経済活動や生活をするために必要な道具ですね。もしあなたがマヤジャングルの森や孤島に一人でいるとしたら、何千億円もっていてもただの紙切れにしかならず身体を暖めるために火をつけて燃やす薪と一緒です。お金は社会や人と関わっていくために必要な道具ですが、それを使うときは「何のために」「どのように」「なぜ」使うのかを理解することは大切だと思います。

 たとえばドラえもんが突然「どこでもドア」をもって現れたとしましょう。あなたがもし古代マヤ族の時代へタイムスリップしたとしたら、貝殻やカカオ豆をたくさん持っていれば皆に認められ、取引も成立し、美味しいものを食べて暮らす事ができますが、お財布に入っているクレジットカードや100万円で貝殻が買えるかといえば答えはNOです。

 ではマヤのスピリチュアル的な視点からみた「お金」とは何でしょうか?それは「ケツアルコアトル(ククルカン)のもつエネルギー」であり、同時に「神々の涙と汗とスピリット」などを調合し、循環や浄化させて黄金を抽出する「錬金術」の知恵なのではないかと思います。

 マヤの聖典や予言にも登場するククルカンはマヤ宇宙を創造した「イツァムナ(最高神)」であり、黄金の在処を教えた神官であり、春分に空飛ぶ羽根毛をもつ蛇としてチチェン・イッツァのピラミッドに降臨する光の神でもあります。またその恩寵に預かるエネルギーで、天と地と宇宙をつなぐ真理や知恵の象徴です。お金はククルカンのもつエネルギーですから、古代マヤ族が天体観測を続けていたのはその秘密が天に隠されていると考えたからなのかもしれません。

 お金が欲しい。金運がほしい。と誰しもが一度は願うはずです。しかし現代社会では、通貨と金は社会の道具や地位の証、財産ではありますが、もはやマヤの貝殻やケツアルコアトル鳥の羽根やエネルギー、ましてや錬金術の知恵や真理でもなくなりつつあるかもしれません。あなたが金運を上げたい、たくさんのお金を手にしたいと願い、もしケツアルコアトルの神や錬金術師が現在いるとしたらこう答えるでしょう。

「わかりました。では、まず自分が今いる場所をよく調べてみなさい」

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
弓玉
弓玉(みろく)
日本におけるマヤ占い研究の第一人者。マヤの占術や霊視、波動リーディングのほか、ジーニーの壷占いなど古代から受け継がれる理論を駆使し、恋愛運、金運、仕事運をはじめとする人生全般の悩みに対する答えを導く。有名人、実業家、経営者、作家やデザイナーなど、各界からの人気が高く、信頼も篤い。⇒詳しいプロフィール
関連キーワードから記事を探す
暮らし方エンタメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ