• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

首都圏の「雪予報」は春へのサイン

2013年2月26日

暖冬予報だと、関東に雪が多く降る?!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

もうすぐ3月ですが、青森の酸ヶ湯で積雪が5m50cmを超えて現在のアメダスの最深積雪の記録を更新するなど北日本の山間部で記録的な大雪になっているところがあります。関東地方でも1月14日の大雪以来、毎週のように「雪か雨か」でヤキモキした人も多いでしょう。2月の半ばにも13日の朝や15日の日中、18日から19日にかけて「雨か雪か」を予報しなくてはいけない状況が続き、雨のままでもかなり寒くなった日もありました。私のところにも「もう暦では春なのに、天気は冬のままだね」「いつになったら春が来るの?」との声が届きます。

 実は、この「雪が降る寒さ」は春への序章だということ、ご存じでしたか。「冬将軍」と称される大陸からの強い寒気に覆われている間は、関東の広範囲に雪や雨をもたらす低気圧が南の海上を通るので、太平洋側の陸地には近づけません。このとき雪が降るのは日本海側が中心で、関東平野は「冬晴れバリア」の中。晴れて空気の乾燥した状態が続きます。

日本海側だけでなく太平洋側にもすじ状の雲が広がっていて、強い寒気が太平洋まで吹き出していることがわかる。関東平野は快晴(気象庁HPより)

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
伊藤みゆき
伊藤みゆき(いとう みゆき)
証券会社社員を経て、気象予報士に。日本テレビ衛星「NNN24」の初代気象キャスターに合格。現在はNHKラジオ第一「ラジオあさいちばん」気象キャスター。 光文社の雑誌『STORY』などで連載を持つなど、幅広く活動
関連キーワードから記事を探す
旅行・お出かけ暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ