• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

彼が「別れ」を考える3つの原因(3/4)

2013年2月13日

可能性の低い「復縁」に陥る前にとっておける対策

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

彼の心を冷めさせた行動をすぐにやめよう

マキ  私、身に覚えがあります! 元カレたちに、「結婚しなきゃいけないリスク」を感じさせる行動ばかり取ってました。そしていつもフラれてたんです。

ミドリ  私は2年付き合った彼と、「一緒に住む、住まない」でモメたのが原因で、関係が悪くなりましたね。

博士  どれか一つが原因というよりも、複合的に絡んでいることがほとんどですが、いずれにせよ「私、かなり当てはまっているかも」と思うなら、行動を変えるべきです。早めに気づいて行動を変えれば、別れを回避できるかもしれません。

マキ  「自分のしている行動がまずい」ということを彼の心が離れ始める前に、気付きたいですよね。

博士  早めの段階で気付くことは、もちろんできますよ。そのためには、分岐点(=変化のポイント)に着目することです。

「あれ? 彼の行動がちょっと変わった」という分岐点を見逃すな

博士  彼の言動や態度が「ちょっと変わった」と感じる瞬間が、分岐点です。メールの返信が遅くなった、メールの文章が短くなったというあなたとのやりとりでの変化だけでなく、仕事が忙しくなった、「疲れている」と言うようになったなどもそうです。

キョウコ  「仕事が忙しくなった」と言われたら、「そうなんだ」とそのまま受け止めるのはダメですか?

博士  仕事が忙しくなったことを理由に、会う回数やメールの頻度が減ったとしたなら、それは「あなたに対して労力を使わなくなった」ということでもあるんですね。

マキ  確かに。ものすごくテンションが高い時期なら、たとえ忙しかったとしても時間をつくって会ってくれますよね、男性って。

博士  本当に仕事が忙しくなったのかもしれないし、ほかに気になる女性が現れたのかもしれないし、あなたに飽きたのかもしれないし。「仕事が忙しくなった」ということ一つとっても、いろいろな状況を想定することができるわけです。

 また、以前は言わなかったのに、「好きだよ。愛してる」と言うようになったといったことも、分岐点になります。「なにか後ろめたいことがあるのかもしれない」という可能性があるからです。

マキ  うわ~。考えたこともなかったです。

博士  いずれにせよ「何かが変わった」という分岐点が訪れたら、まずは「別れを考える3つの原因」に当てはまる行動をしていないかどうか、振り返ってみてください。もし「私は何もしていない」と思うなら放っておき、少し距離をおくといいでしょう。

 実は、付き合いが1年もたない一部の女性は、この、彼が冷めて始めた分岐点で気付けず、別れてしまうことが多いんです。そのような女性は、多くの場合、別れるまで、これまで通りに接してしまっていたりします。あるいは、彼の態度の変化に気付いたものの、彼の気持ちを取り戻そうと、「大好き」と言ったり、尽くしたりしてしまう。そして余計に、彼の気持ちを醒めさせてしまうんです。

マキ  私、まさにそのパターンですよ。

博士  大切なのは、彼が別れを考えている原因に応じて、こちらが適切な行動を取ることです。「好き好き」と迫ったところで、彼の気持ちが高まることはないのですから。

マキ  どうすればいいか、教えてください!

博士  今回はここまで。別れを考える原因別の対処方法は、次回詳しくお話ししますね。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
ぐっどうぃる博士
ぐっどうぃる博士
恋愛カウンセラー。理学博士(生命科学専攻)。現在は主に恋愛カウンセラーとして活躍。自身の体験と生命科学的視点を合わせた独自の恋愛メソッドを展開し人気を集めている。悩める女性の恋の問題が解決するサイト『恋愛ユニバーシティ』主催。音声で恋愛を学べるスマートフォンアプリ『ぐっどうぃる博士の音ライブラリー』や携帯公式コンテンツ「恋が叶う99のルール」もある。現在、テレビ、ラジオ、WEB、書籍、雑誌等など多方面で活躍中。また大手企業のマーケティングリサーチや企業のブランディング戦略にも参画。著書に『恋愛マトリックス』(ソフトバンククリエイティブ)、『恋で泣かない女になる61のルール』(講談社)などがある。ぐっどうぃる博士の経歴の詳細はこちらより。
関連キーワードから記事を探す
ライフ恋愛・結婚人間関係の悩みお買い物・節約術整理・収納ファッショングルメエンタメ旅行・お出かけ暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ