• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

優等生でいるから不幸になる~いい子度Check

2013年2月21日

「都合のいい人」にならないために!自己犠牲をやめる9つのポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 頑張っているのに評価されない…
 こんなに苦しんでいるのに、周囲の誰も助けてくれない…

 表面上ではそつなく仕事をこなし、周囲の人に対しても明るく接している。にも関わらず、こうした「ぱっと見ても分からない、誰にも言えない苦しみ」を持っている方が、最近とても増えています。

 一般的に「優等生」「いいこ」「勝ち組」と呼ばれている人たちほど、周囲の人が期待している自分と、本当の自分とのギャップに苦しんでいるんですね。

 では、どうしてこういう事態が起きるのでしょうか?

 私たちは子供時代、ことあるごとに親や周りから価値観を押しつけられ、学校で評価されることを要求されてきました。それは必ずしも悪いだけではなく、そういった背景があったからこそ、「誰かに評価されること」「誰かにとって良い人であること」を基準にし、よりよい条件を満たせるように、努力できたという側面もあるでしょう。そうして評価された人が優等生です。

 子供時代はそれで評価されてきましたが、社会に出れば、“優等生”であればあるほど、それは単に「言うことを聞く人間」であり、無個性だと見なされます。学校で求められてきた基準が、なぜか社会に出ると、「周囲の人から都合良く使われてしまう『いい人』」にすり替わってしまうんですね。

 それでは、あなたがどれだけ「自分を殺し、都合よく扱われる優等生になっているか」、あなたの無意識の自己表現をチェックしてみましょう。

◆あなたの“いい子”度Check

自分で思っていることがあっても、相手に合わせて自分を押し殺すことが多い
笑顔でいなければ、受け容れてもらえないともらえないと思う
なかなか弱さを見せられない
自分一人でいるときは適当な格好で、人と会うときだけ綺麗にする
ひとつのことを達成しても喜べず、次々に課題に取り組まないと不安になる
相手が何かを強く主張してきたとしたら、ぐっとこらえてそれを受け入れる
他人のちょっとした変化に敏感で、人のことに気づきすぎてしまう
相手がちょっとしたことで褒めてくれると、またすぐそれを求めてしまう
誰から誘われても、よく考えず、条件反射ですぐに「イエス」と言ってしまう
疲れていても休まない、少し具合が悪くても病院へ行かない
目的を達成するためには、長時間何かを我慢しても大丈夫
何がしたいの?と聞かれると、「あなたの好きでいいよ」と答える
絶対に他人には見せられない駄目な自分がいる
いじめられたり、からかわれたりした経験があるため、もうそうなりたくないと努力している
人を嫌いだと思う自分が嫌で、すべての人に好かれたいと思う

 いかがでしたか? どれくらいチェックがつきましたか。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
斎藤芳乃
斎藤芳乃(さいとう・よしの)
マリアージュカウンセラー。女性の恋愛・結婚の問題を解決する心の花嫁学校マリアージュスクール主宰。「自尊心」の大切さを訴え、女性の不幸の根本的な原因を解放し、潜在意識を使って現実を変化させる心の専門家として活躍中。これまでに延べ2000人以上の女性の恋愛・結婚にまつわる悩みを解決した実績を持つ。公式サイト⇒こちら
関連キーワードから記事を探す
コミュニケーション術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ