• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

食のトレンド発掘隊

ありえない! 全国びっくりメニュー

2013年2月14日

デカイ! 長すぎる! 超びっくりメニュー大集合

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 先日、名古屋にすごいエビフライがあるという情報をキャッチした。日本一長い35cmのエビフライだという。さっそく調べてみると…。

日本一の長さ!約35cmの巨大な海老フライ。“海老フライ”ならぬ「特大海老ふりゃ~」(税込み2079円)。食べやすいように切り分けられる「海老バサミ」も付いている!
「特大海老ふりゃ~3本」(税込み5848円)は、約35cmの巨大な海老フライが3本ついてくる。大盛り上がりすること間違いなし!

 名古屋駅の新幹線地下街「エスカ」内に2012年7月にオープンした「海老どて食堂」では、大きな天然海老1尾をまるごと揚げた約35cmもの「特大海老ふりゃ~」(2079円)が話題になっている。身がぎっしりとしており、ぷりぷりの海老フライを、お客が自分で卵をくだいて作る自家製のタルタルソースでいただく巨大メニューだ。食べやすいように切り分けられる「海老バサミ」も付いており、さらに箸袋はものさしになっており、開くと35cmの長さを測れるようになっている。すごい徹底ぶり。

 さらに同店では23cmの大海老フライを使った丼メニューまでラインナップ。約23cmのエビフライが2本付いた「海老ふりゃ~定食」(1659円)、同じく約23cmの巨大海老フライを使った「海老とんかつソース丼定食」(1449円~)、テイクアウト可能な「大海老太巻き寿し」(1260円)や「海老かつサンド」(924円)など。極めつけは約35cmもの巨大な海老フライ3本をツリーのように立てた「特大海老ふりゃ~3本」(税込み5848円写真上)! 圧巻です~!

海老どて食堂の藤田真由美女将によると、「初めて見たお客様はまずびっくりされてとても喜ばれますね。エビ2尾をつなぎ合わせて作るのでは?と思うお客様も多いのですが違います。特大エビ1尾を特殊な技術でおいしく大きく仕上げています。みなさん箸袋を海老ふりゃ~の横に並べて記念写真を撮っていかれます」とのこと。パン粉はサクサクの自家製なので、大きな揚げ物だが最後まで飽きずに楽しめるのだとか。

「海老どて食堂」の店内には海老フライが浮かんでいるー!!(笑)もちろん、こちらも3mと巨大です! 記念写真スポットにもなっている。
「海老どて食堂」のもうひとつの看板メニュー「海老どて」。揚げたての海老フライに「秘伝のどて味噌ソース」をつけて食べる名古屋の新名物。

 「海老どて食堂」ではほかに、揚げたての海老フライに八丁味噌とエビ味噌を合わせた「秘伝のどて味噌ソース」をつけて食べる名古屋の新名物「海老どて」(海老6本724円、10本1102円)も話題だ。濃厚なうまさのどて味噌ソースがやみつきになるのだとか。さらに手羽先の唐揚げ「大手羽」(1本126円)をどて味噌ソース(294円)にくぐらせて楽しむこともできる。地元の人々が「どえりゃー、うみゃー!」と騒ぐ名古屋の新ご当地メニュー。名古屋を訪れた際にはぜひお試しあれ。

 さて次は、50cmものロールケーキ!焼かないコロッケまで!

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
グルメ旅行・お出かけ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ