• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

今日から作れる!トレンドレシピ

バレンタインに作りたい「彼ごはん」レシピ

2013年2月13日

まだ間に合う! バレンタインに向けて手作りご飯

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

お目当ての彼へのチョコレートは準備しましたか?

チョコレートはもちろん、おうちで過ごせるカップルに是非挑戦してもらいたいのが「おうちごはん」。

普段忙しくてなかなかゆっくり平日のディナーを楽しめないあなたも、

今年は手作りごはんにチャレンジしてみては?

ガチなブイヤベース

材料(5人分)

魚のアラ…1kg
水…4L
塩…適量
サフラン…少々
ニンニク(みじん切り)…1片
オリーブオイル…適量
タイム(飾り用)…少々
タイム…2~3本
ローリエ…4枚
黒胡椒…適量

●A
玉ねぎ(4等分にカット)…1個
トマト(4等分にカット)…1個
じゃがいも(4等分にカット)…1個
セロリ(5cmくらいにカット)…1本
ニンニク(半分にカット)…3片


●B
アサリ…5個
はまぐり…5個
タラの切り身…2枚
ブリの切り身…2枚
イカ(下処理したもの)…1杯
有頭エビ…4尾
ワタリガニ…小2杯
真鯛(下処理したもの)…1匹

作り方

1. 魚のアラを一度湯がいてから水洗いして臭みを取る。シャトルシェフの鍋に水4Lを入れ、下処理したアラを沸騰するまで中火で煮る(シャトルシェフが無い場合は、大きなお鍋でもOK)。

2. 1の鍋を再び沸騰させてシャトルシェフの保温容器にセットし、半日~1日置く(シャトルシェフが無い場合は、弱火で2~3時間具材が柔らかくなるまで煮る。途中、水が蒸発しすぎたら足す)。

3. 2からアラとローリエとタイムを取り出して捨てる。Aをブレンダーにかけ、ドロドロになったら鍋に戻してまぜる。

4. 違う鍋(ストウブまたはホウロウ鍋)にオリーブオイルを敷き、サフランとニンニクのみじん切りを弱火から熱する。香りが出てきたら強火にして、Bのアサリ、蟹、真鯛を入れて両面を軽く焼く。3の出汁を適量入れて蓋をする。アサリが開いたらアサリだけ取り除く。

5. 鍋に残りのBをギュウギュウに入れて、3の出汁をさらに注ぎ、蓋をして中火で熱する。はまぐりが開き、イカと海老が色づけは完成(具材に火が通りすぎないように注意する)。
 最後に塩で味を整え、タイムの葉を散らす。

ワンポイントアドバイス

出汁をとる行程では、焦らずゆっくり煮込むのがポイントです(シャトルシェフが無い場合は、大きなお鍋で弱火でゆっくり出汁をとってください)。
仕上げは火の通し過ぎに注意して、強火で一気に火を入れると具材がふっくら仕上がります。


レシピ作成/Mog

そのほかのレシピはこちらから
Mariko Matsui

Mogさんの人気レシピ

ピスタチオクリームとサーモンのテリーヌ
グリル野菜とチーズメレンゲソース
キノコとホタテの白みそキッシュ

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
ライフ恋愛・結婚人間関係の悩みお買い物・節約術整理・収納ファッショングルメエンタメ旅行・お出かけ暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ