• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

イマドキ女子の「私らしい生き方」とは?

2013年1月30日

N.Y.のゴージャスキャリアウーマンVS自由奔放な毎日を送る郊外主婦

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 「私らしい生き方」「自分探し」「ワークライフバランス」。仕事とプライベートを充実させてくれそうな言葉は山のようにあります。一方、何が自分らしいのか、何を探したらいいのか、考えると迷子になってしまうことも多く、結局“そういうもの”を探しているうちは見つからないのかもしれません。手探りでも自分の思うままに行動していれば、歩んできた道がいつしか轍となり、結果として「自分らしさ」が身についてくるのかも。今回はそんな“ゴーイングマイウェイ”を地で行く女性たちが次々と登場するアメドラをご紹介します。一言に「私らしい生き方」といえども、その対照的な生き方やバリエーションの多さに、勇気とヒントをもらえる2本です。

N.Y.でバリバリ働くアラフォー女子『リップスティックジャングル』

『SATC』原作者が手がけたキャリアウーマンたち
(C) 2008-2009 Universal Studios. All Rights Reserved.

 ニューヨークを舞台に「自分らしく生きる女子たち」を描いて大ヒットを記録した『Sex And The City(SATC)』。その『SATC』と同じ原作者が手がけたファッションドラマが今回紹介する『リップスティックジャングル』です。ニューヨークで働く、感度の高いアラフォー女子たちをメインキャラクターに据えた点は『SATC』と同じなのですが、圧倒的な違いは、恋愛ではなく、仕事がストーリーの中心であること。「恋愛」や「結婚」はあくまで二の次で、女性が活躍する仕事の最前線をメインフィールドにしています。登場人物は個性的な女子3人。

 まず、大手映画配給会社の女社長ウェンディ。会社社長の一方で、2人の子供と主夫である夫をもつ一家の大黒柱でもあります。誠実でおだやかで良識的なウェンディですが、「映画」のことになると人格が変貌。自分に家庭があることをすっかり忘れ、帰る時間も夫との約束も無視して仕事に没頭してしまうのです。夫も子供もそんな母親をよく理解していて、概ね「はいはい」と許してくれるものの、主夫である夫は時々ウェンディにつらくあたることも……。

 ウェンディの家庭をみていると、「妻が稼いで夫が家を守る」という生き方は、世界広しといえど、どこの国でもまだまだハードルが高いんだな、と思い知らされます。とはいえ、このドラマでは、夫も子供たちも、結局は「ウェンディがウェンディらしく生きることが一番」と理解しているため、その環境づくりに最大限協力しています。

 次に人気女性ファッション誌の編集長を務めるニコ。彼女のブロンドヘアと青い目は息をのむセクシーさ。3人の中で一番の美貌の持ち主です。既婚、子なしでリッチな夫とアーバンな暮らしをしているのですが、その関係はすでに冷め気味。お金と地位はあってもどこか満たされない毎日を送っています。そんな矢先に現れた、お金はないけど情熱はある、25歳の新人カメラマン。2人はすぐに深い不倫の関係になってしまいます……。若き青年から、深く激しく愛されるニコ。彼を手にしたことでニコは精神的に安定し、メキメキと美しくなっていきます。この関係には周囲は猛反対、自身もこの関係の継続に深く悩みますが、結局、一緒にいて自分が一番自分らしくいられる男性を最後に選びます。編集長という座を手にするまで様々な局面を越えてきたニコですが、恋愛にも決して手を抜かない。恋愛でのよい刺激を、仕事にも活かしているともいえるかも?

 最後は新人ファッションデザイナーのヴィクトリー。3人の中で一番若く、仕事に対する情熱や負けん気が誰よりも強い、気性の荒いキャラクター。新人のため、社会的ステータスはいまだ恵まれない環境にいて、他の2人ほどお金に余裕がありません。新作のアイデアをアシスタントに盗まれたり、コレクションで自身のデザインが酷評されたり、次から次へと仕事における悲しい事件が起こります。とはいえ彼女には「自身のブランドを世界一にする」という確固たる目標があり、ちょっとやそっとのことでは精神はやられません。自身の仕事のためなら恋愛も家族も捨てる、そんな仕事にまっしぐらな女性をうまく描いています。

 三者三様の働き模様、あなたなら、どのアラフォー女子に共感しますか?

(C) 2008-2009 Universal Studios. All Rights Reserved.

『リップスティックジャングル』
http://lipstickjungle.jp/

放映/DVD情報
シーズン1~2がDVDレンタル中。
セルDVDは、『リップスティック・ジャングル シーズン1&2 DVD-BOX』(発売元:フジテレビジョン/ポニーキャニオン、販売元:ポニーキャニオン)を発売中。
シーズン1:6,825円/3枚組(各2話/全7話 ※VOL.1のみ3話収録)、シーズン2:12,600円/6枚組(各2話/全13話 ※VOL.1のみ3話収録)
定額制海外ドラマ見放題サイト『Hulu』でもシーズン1~2を配信中。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
イトウハルカ
イトウハルカ(いとう はるか)
長年のアメリカドラマ好きが高じ、PR会社やIT系企業で広報を務めるかたわらでアメドラのコラム執筆を開始。年間1500本以上のアメドラDVDを観賞し、『AllAbout』の「海外ドラマ」ガイドを務める。現在は、『海外ドラマNAVI』『オンエアナビ』、『エキサイト』でも定期的にコラムを執筆している。
関連キーワードから記事を探す
エンタメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ