• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

本格的に俳優デビューした人気ピアニスト(2/5)

2013年1月26日

清塚信也さんが「さよならドビュッシー」で探偵役を好演

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 インタビューの前に、映画のストーリーを紹介します。

 仲が良く、双子のように成長してきた16歳の香月遥と、同い年のいとこ片桐ルシア(相楽樹)。2人には、ピアニストになるという共通の夢がありました。

同じ音楽高校に通っている仲良しの遥とルシア

 ある晩、離れの建物で火事が起き、そこには遥とルシア、そして祖父の玄太郎(ミッキー・カーチス)が寝ていました。全身やけどの大けがを負いながらも、1人生き残った遥。

 祖父とルシアを失った遥に残された希望は、生前のルシアと約束したドビュッシーの『月の光』を弾くことだけでした。でも、やけどの後遺症はあまりにもひどく、遥は厳しいリハビリにくじけそうになりながらも、必死に努力を続けます。

遥はつらいリハビリ生活を乗り越えて高校生活に復帰する

 そんなとき、遥は新しいピアノ教師の岬洋介と出会います。岬に勇気づけられ、二人三脚でピアノコンクール優勝を目指して猛レッスンに励む遥でしたが、祖父の遺産の24億円を巡って、遥の命を狙うかのような不可解な出来事が頻発。遥を心配し、事件の真相を探る岬は、彼女を守り抜くことができるのでしょうか……?

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
清水 久美子
清水 久美子(しみず くみこ)
メーカーでOLとして働きながら、夜は音楽雑誌の編集部でアシスタント業務をこなす。メーカー退職後は、パソコン誌の編集部に就職し、その後フリーライターに。ペット雑誌、医療誌、主婦向け雑誌、タウン誌などで執筆を重ね、最も好きなジャンルであるエンターテインメント、海外ドラマ・映画・音楽の記事を主としたライターへと転向。雑誌「SCREEN」「日経エンタテインメント! 海外ドラマSpecial」や、WEB「日経DUAL」「TVグルーヴ・ドット・コム 清水久美子のライターズ・プレイス」「クランクイン!」などにて執筆中。
関連キーワードから記事を探す
エンタメ人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 2月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 2月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ