• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

本格的に俳優デビューした人気ピアニスト

2013年1月26日

清塚信也さんが「さよならドビュッシー」で探偵役を好演

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 『このミステリーがすごい!』大賞(宝島社主催)で、第8回の大賞を受賞した中山七里作『さよならドビュッシー』。この話題の感動作が映画化され、1月26日より公開中です。ヒロインの香月遥を、「桐島、部活やめるってよ」や「ツナグ」など映画出演が続く注目の若手女優・橋本愛さんが熱演しています。

「さよならドビュッシー」
2013年1月26日(土)新宿ピカデリー他 全国ロードショー
(C)2013さよならドビュッシー製作委員会
公式サイト:http://good-bye-debussy.com
原作:『さよならドビュッシー』中山七里(宝島社)
監督:利重剛
脚本:牧野圭祐、利重剛
出演:橋本愛、清塚信也 他
配給:東京テアトル

 『さよならドビュッシー』は、『おやすみラフマニノフ』、『いつまでもショパン』と続く大人気音楽ミステリー・シリーズの第1作で、全作に探偵役として、ピアニストの岬洋介が登場します。岬はピアノの調律も手掛けるプロのピアニストですが、実は検事の父を持つ、司法試験をトップで合格したというエリート。鋭い分析力と視点で事件を解決へと導きます。

 その岬役を、“クラシック界の貴公子”こと、ピアニストの清塚信也さんが好演しています。清塚さんは、TVドラマ「のだめカンタービレ」や、映画「神童」での音楽指導や吹き替え演奏を担当したことで知られていますが、「さよならドビュッシー」で本格的に俳優デビューを果たしました。今回、当連載のインタビューに応じてくれた清塚さんに、たっぷりとお話を伺ってきました!

岬洋介役で俳優デビューした清塚信也さん

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
清水 久美子
清水 久美子(しみず くみこ)
メーカーでOLとして働きながら、夜は音楽雑誌の編集部でアシスタント業務をこなす。メーカー退職後は、パソコン誌の編集部に就職し、その後フリーライターに。ペット雑誌、医療誌、主婦向け雑誌、タウン誌などで執筆を重ね、最も好きなジャンルであるエンターテインメント、海外ドラマ・映画・音楽の記事を主としたライターへと転向。雑誌「SCREEN」「日経エンタテインメント! 海外ドラマSpecial」や、WEB「日経DUAL」「TVグルーヴ・ドット・コム 清水久美子のライターズ・プレイス」「クランクイン!」などにて執筆中。
関連キーワードから記事を探す
エンタメ人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ