• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

“合格率5%”の気象予報士の仕事とは?

2013年1月17日

最年少記録が話題の気象予報士の試験

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 1月の「受験シーズン」といえば、大学入試センター試験を思い浮かべる方も多いかと思いますが、私たち気象予報士にとっても、この時期が、受験シーズン。今月27日に気象予報士の資格試験があるのです。昨年2012年の10月の合格発表では甲斐友貴君が最年少記録となる12歳11カ月で資格を取得して話題になりましたが、今回はこの気象予報士の資格と仕事について少しお話したいと思います。

  気象予報士誕生の経緯は、気象業務法が1993年5月に改正され、気象庁以外にも気象庁長官から許可された者が一般向けに天気予報を発表できるようになりました。このときに、予報についての資料やデータを適切に扱い、防災面も的確に配慮できる人を確保する目的で「気象予報士制度」が導入されたのです。

 気象予報士になる1つ目のステップが、気象予報士試験に合格することです。初回の試験は1994年8月28日に行われました。2777人受験して合格者は500人、合格率は18%でした。近年は毎年1月と8月の第4日曜日に試験が行われ、過去38回で、のべ15万2595人が受験し8843人が合格。トータルの合格率は5.8%。直近3回の合格率は4%台と狭き門になっています。昨年の夏の試験では、170人が合格し、女性合格者は24人。気象予報士全体の中でも女性の割合は1割強と少なめです(2012年6月時点)。

 試験の内容は「学科試験」と呼ばれるマークシート式試験と、「実技試験」と呼ばれる記述式の試験の2段階で行われます。学科試験は「一般」「専門」と2つの分野に分かれます。

 「学科試験」の「一般」は気象業務法や地球の自転、雲の発生過程など多岐にわたり、高校の地学や物理、数学の知識なども関わってきます。「専門」は気象観測や予報の仕組みや精度評価など、予報の現場で使う内容が多く含まれます。学科試験は一度に両方受かる必要はないのですが、合格した分野の有効期限はその後2回まで。例えば、「専門」だけ合格したら、次かその次で「一般」の合格を目指し、そのタイミングで記述式の「実技」も受からなければならないのです。「実技試験」は、過去の気象現象について資料を基に解答していきます。例えば、九州北部で大雨が降った日の実際のレーダー画面や予測資料を提示され、それをもとに強雨の時間帯や低気圧の位置などを答えます。2段階の試験に合格すれば、あとは気象庁長官の登録を受けて、晴れて気象予報士になることができます。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
伊藤みゆき
伊藤みゆき(いとう みゆき)
証券会社社員を経て、気象予報士に。日本テレビ衛星「NNN24」の初代気象キャスターに合格。現在はNHKラジオ第一「ラジオあさいちばん」気象キャスター。 光文社の雑誌『STORY』などで連載を持つなど、幅広く活動
関連キーワードから記事を探す
暮らし方旅行・お出かけ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ