• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

仕事への情熱をコントロールする方法とは

2013年1月20日

為末大さん「ダラけてもいい“許しの日”を作る」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 今回の草野ゼミは、「モチベーションを高める方法が知りたい!」をテーマに、元プロ陸上選手の為末大さんをゲストに迎え、仕事への情熱を上手にコントロールしつづける方法について考えました。

 20代の後半というのは、仕事にもだいぶ慣れてきて、自分のやり方を色々と模索したくなる頃。“あんな仕事もやってみたい”“次はこんな風にしてみよう”――これまでのやり方に飽き足らず、徐々に自分らしさも求め出して、仕事に対する意欲が増す時期だと言えるでしょう。

 しかし、そうはいっても仕事というものは、大半は同じことの繰り返し。自分の可能性をもっと広げたいと意気込んでいるのに、目の前のルーチンワークに追われて思うように進めない…理想と現実のギャップに阻まれ、もがいている人も少なくないのではないでしょうか。

 今回の相談者は、「もっと熱く働きたい!」と、仕事への思いをたぎらせているのに思いが叶わず、不完全燃焼だと嘆くAさん。そしてワーキングマザーのBさんは、小さな子どもを抱えながらも営業の仕事を続け、さらにスキルアップのための勉強も継続。しかし当の本人は、以前のような充実感が得られず、もやもやした気持ちを抱えていると打ち明けます。共に、30代を目前に控えたお二人。強い向上心の持ち主だからこそ、深く思い悩んでしまうのでしょうね。

 Aさんの仕事は、IT企業でのシステムの開発や運用。「ルーチンワークを繰り返す毎日はもううんざり…」と、異動を希望し続けているのに聞き入れてもらえず、仕事にモチベーションが持てなくなってしまったそう。同じ仕事を長く続けていると、どうしても“マンネリ”という壁にぶつかります。それは誰もが通る道のりだと言えます。では、もし気持ちが停滞してしまったら、どうすればいいか――。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ