• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

普段の起居動作を丁寧に行うことが修行です

2013年1月14日

歩くことも、座ることも…みんな修行に ~潜行密用【禅のことば】

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 「今の若者は打たれ弱い」――このセリフ、口にしたら無神経なオジサン確定だなあ、と私は自分を戒めています。そもそも私自身が打たれ強い若者ではなかったし、未だに弱い人間のはずだからです。

 若者に対する「打たれ弱い」という評は、正確には「打たれて弱ることさえ許されない」という、今の世間の“空気”を表しているように思えてなりません。つまり、現代の若者は何かを失敗したり、弱みを見せたりすることが許されていないようなのです。彼らは常に成功し、若者らしく(!)強くあるよう、世間から求められているわけです。

 ある種の「打たれ弱さ」は感受性の柔軟さ故のものですし、若者に限らずどんな年齢の人間も持っていて当たり前の側面です。きっとみなさんだってそうでしょう。

 打たれ弱さを許さない世の中にあって、本来は打たれ弱いはずの私たちが抱えるストレスはとても大きいものです。普通に日常生活を送っていても、知らないうちにストレスを溜め込んでいると考えた方がよいでしょう。

 禅の修行には、一種の「ストレスへの耐性」が身に付くようなところがあります。修行と言っても、特別なスキルを身につけるのではなく、ただ日常生活のひとつひとつを丁寧に行うのです。

 歩くこと、立つこと、座ること、寝ること。

 これらを行う際に、姿勢と呼吸と心の動きに意識を向けるようにします。このトレーニングを繰り返していると、不必要にストレスを自分に溜め込まないようになります。静かでありながら生き生きとした感覚が保たれ、自分が打たれ弱い人間でもある事実を受け容れやすくなります。

 このように、普段の起居動作を細やかに、丁寧に行うことを「潜行密用(せんこうみつよう)」と言います。ひそやかな日常にこそ、禅の真髄があるということでしょう。

 時は成人式。「潜行密用」の言葉を若者に、そしていつも頑張っているみなさんに贈りたいと思います。あせらずじっくり、この日常を細やかに生きていきましょう。

(上月泰龍)

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
曹洞宗の研究機関で活躍する若手・中堅僧侶4人。
宇野全智(うの・ぜんち)/ 曹洞宗総合研究センター専任研究員。山形県大石田町地福寺副住職
上月泰龍(こうづき・たいりゅう)/ 曹洞宗総合研究センター教化研修部門研究生。三重県鈴鹿市泰応寺副住職
菅原研州(すがわら・けんしゅう)/ 曹洞宗総合研究センター専任研究員。宮城県栗原市城国寺副住職
関水博道(せきみず・はくどう)/ 曹洞宗総合研究センター専任研究員。神奈川県横浜市東泉寺副住職

*4人の詳しいプロフィールは⇒こちら
関連キーワードから記事を探す
暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ