• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「小手先恋愛テク」の落とし穴

2013年1月9日

相手の「出方」が分かってこそこちらの「出方」を決められる

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

――今回はan.anの『男の本音』特集を参考に、話し合っていきます。

サチエ 今回のan.anには恋愛テクが満載でした。「男をその気にさせる魔法のカード集」にはすぐ使えそうな恋愛テクが30以上紹介されています。これらをうまく使えば、彼をその気にさせることができるというんですけど……。本当に効果あるのかな?

博士 女性誌では、いつもたくさんの恋愛のテクニックが紹介されています。ですが、正直ほとんどが使えません。仕事で例えると、「上司のネクタイを褒めれば、上司との関係は良好に」とか、「朝、誰よりも早く来て、仕事場の掃除をすると出世できる」みたいな感じでしょうか。時にトンチンカンで、時に限定的で、実際には何の役にもたたなかったりするのです。朝、誰よりも早く来て掃除をしても、実際の業務で結果を出せないなら、出世なんて出来ませんよね?

ちなみに、この「男をその気にさせる魔法のカード集」に載っているテクニックのほとんどは、彼が最初からあなたを好みのタイプと思っている場合にしか通用しません。

サチエ 彼にとって見た目が好みなら、「俺に気があるのかも」と思わせることができるけど、好みじゃない女性が同じことをしてもうまくいかないということ?

博士 そうです。よく女性誌が、イケメンの男性に「女性のどういうしぐさにキュンとくる?」などとインタビューしていますよね?この時、インタビューされた男性が想像するのは、ほとんどの場合、好みのタイプの女性です。従って、「最初から好みの女性が、こんなことをしたらキュンとくる」と言っているだけなのです。それ以外の女性が、同じことをしても無意味か、逆効果になるだけでしょう。

たとえば、ここで紹介されている恋愛テクで、「テリトリーシェア」というものがあります。彼の住んでいる街の話題になったときに「あ、私が行きたいビストロのある場所だ!」とアピールするというもの。でも、これは、好みじゃない女性から言われたら「うざいな」と思われかねません。彼の飲んでいるカクテルを「どんな味?」と聞いて一口飲ませてもらう「カクテル味見」も、好みの女性からされたらドキッとするけれど、そうじゃない女性からだと「自分で頼めば」と言われかねません。

マキ 確かにそうかも。合コンで好みじゃない男性から「カクテル味見させて」と言われたら、嫌です。味見されようものなら、「もういらない。全部飲んでいいよ」ってあげちゃいますね。

博士 そうでしょう。異性からアプローチされたときの感じ方は、男性と女性との間でさほどの違いはありません。自分が彼にとっての好みのタイプかどうかがわからない段階なら、できるだけリスクの少ない方法を取るべきです。「好みじゃない男性から、これをされたらどう思うだろう」とイメージしてみると、「この恋愛テクはリスクが大きいかも」といったことがつかみやすくなるでしょう。

いずれにしても女性誌で紹介されている恋愛テクは、たいていが小手先のテクニックです。こんな方法で意中の彼を落とせるなら、みんな恋愛で悩んでいないはずなんですよね。

マキ じゃあ、どうすればいいんでしょうか。

博士 意中の彼を落とすには、小手先のテクニックではなく、彼についてプロファイリングをしながらリスクの少ないアプローチで様子を見ることが大切です。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
ぐっどうぃる博士
ぐっどうぃる博士
恋愛カウンセラー。理学博士(生命科学専攻)。現在は主に恋愛カウンセラーとして活躍。自身の体験と生命科学的視点を合わせた独自の恋愛メソッドを展開し人気を集めている。悩める女性の恋の問題が解決するサイト『恋愛ユニバーシティ』主催。音声で恋愛を学べるスマートフォンアプリ『ぐっどうぃる博士の音ライブラリー』や携帯公式コンテンツ「恋が叶う99のルール」もある。現在、テレビ、ラジオ、WEB、書籍、雑誌等など多方面で活躍中。また大手企業のマーケティングリサーチや企業のブランディング戦略にも参画。著書に『恋愛マトリックス』(ソフトバンククリエイティブ)、『恋で泣かない女になる61のルール』(講談社)などがある。ぐっどうぃる博士の経歴の詳細はこちらより。
関連キーワードから記事を探す
恋愛・結婚人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ