• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

20代、30代、40代で貯めるべき金額

2013年1月8日

40代の折り返し地点までに1000万円貯める

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 2013年こそはしっかり貯金をしていきたいですね。「34歳の私はいくら貯めておけばよいですか?」という具体的な金額をよく質問されます。そこで、今回は年代別に貯めておきたい金額をお伝えします。まず気になるのはみんなが貯めている金額ですよね。単身世帯の平均的な貯金額をデータで確認していきましょう。

●20代 342万円 中央値129万円

 家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査] 平成24年調査結果によると、20代単身世帯の金融資産保有額の平均は342万円、中央値は129万円です。「えっ、私342万円も持っていないわ」と思われた方も多いかもしれませんね。でも、大丈夫です。世の中の人の真ん中の数字は中央値だからです。

 ここで平均値と中央値の違いを解説いたします。金融資産がゼロのA子、金融資産が130万円のB子、金融資産が1000万円のC子がいるとしましょう。平均値の場合は単純に3人の金融資産を足して3で割ります。つまり、この場合の平均値は376.6万円になります。実は平均値を出す場合、金融資産をたくさん持っているC子に引っ張られて平均値が高くなるというデメリットがあるのです。これに対して中央値の場合は背の順に並ぶように、金融資産が少ない人から順番に並べて、真ん中の人の数値を出します。つまり、先ほどのケースではB子の130万円が中央値になるのです。

 20代は最低でも中央値の129万円は貯め、理想的には平均の342万円を目指すとよいでしょう。20代はたくさん経験をして失敗をすることも大切だからです。金額は少なくてもよいので給与天引きにするなど仕組みを作り、確実に貯める習慣作りを始めましょう。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
花輪陽子
花輪陽子(はなわ ようこ)
1978年三重県生まれ。ファイナンシャルプランナー(FP)。元外資系の投資銀行勤務。OL時代にはまったショッピングによりカードローンの残高は最大200万円に。失業も経験する。お金にコンプレックスがあり、勉強してFPになる。現在は雑誌・新聞・テレビ・ラジオ出演や全国講演などを精力的に行っている。著書に『お金持ちになる女はどっち?』(PHP)、『貯金ゼロ 借金200万円!ダメダメOLが資産1500万円を作るまで』(小学館)など。/Twitter:@yokohanawa/公式サイト:yokohanawa.com
関連キーワードから記事を探す
マネー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ