• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

何もなさ過ぎて、別れることになりました。

2013年1月8日

遠距離恋愛をしていた外資系金融の彼女と別れて…

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
<今週のボク様>
年齢:37歳
仕事:証券会社正社員
年収:700万円
学歴:都内の有名私立大学卒
家族構成:一人暮らし

ビズカレッジの連載「ロスジェネの叫び!」で、2009年3月10日「東京で待ってくれていても責任は持てません」に登場

 30代の独身女性から「いい人がいたら紹介してほしい」と頼まれることがたまにある。しかし、同じ依頼を男性から受けることは皆無に等しい。男女の人口比率はあまり変わらないはずなのに、独身男性はいったいどこで何をしているのだろうか。恋愛や結婚には興味がないのか。

 4年ほど前にインタビューした藤沢正也(仮名、36歳)は、東京で働く女性と遠距離恋愛をしていた。現在も名古屋勤務だという。結婚して奥さんを呼び寄せたのだろうか。それとも週末婚? メールで問い合わせてみると、「相変わらず独身です。面白いことは何もありませんよ」とテンション低めの返信が来た。

 話はズレるが、僕は昨年7月から愛知県で暮らし始めた。妻以外に友だちがほしい。藤沢に遊んでもらおう。名古屋駅前の居酒屋「奥志摩」で飲み交わすことにした。

大宮(以下、O) 久しぶり。ビールでいい?

藤沢(以下、F) はい。私はこれにします。

O おおっ、1リットルの大ジョッキ! 男気があるねえ。

F 女性関係はさっぱりですけどね…。面白い話は何もできません。すみません…。

O いや、謝らなくていいよ。僕が無理にインタビューをお願いしているんだから。遠距離恋愛をしていた外資系金融の彼女とはどうなったの?

F 2年前に別れました。

O そうか…。何かあったの?

F いえ、何もなさすぎたので別れることになりました。彼女からはときどき結婚の話をされていたんです。

O 「そろそろ、どうなの?」という名言だったよね。

F でも、お互いに仕事もあるし、どうにもならないから別れたほうがいいという結論に至りました。彼女の職種では東京にしか仕事がないし、僕は英語ができないので今の会社にしがみついていこうと思っています。愛知が気に入っていますしね。

O 知多半島で釣りとか?

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
大宮 冬洋
大宮 冬洋(おおみや・とうよう)
大宮 冬洋(おおみや・とうよう) フリーライター。1976年埼玉県生まれ。一橋大学法学部卒業後、ファーストリテイリング(ユニクロ)に就職するがわずか1年で退職。編集プロダクションを経て、2002年よりフリー。『日経ビジネスアソシエ』『プレジデント』『きょうの料理ビギナーズ』『dancyu』などで執筆。著書に『30代未婚男』『ダブルキャリア』(共に共著/NHK出版)、『バブルの遺言』(廣済堂出版)、『あした会社がなくなっても生きていく12の知恵〈ストーリー〉』『私たち「ユニクロ154番店」で働いていました』(共にぱる出版)がある。日々の楽しみは食べること。食生活ブログをほぼ毎日更新中。毎月第3水曜日には、読者の方々との交流イベント「スナック大宮」を西荻窪で開催。
関連キーワードから記事を探す
恋愛・結婚人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 11月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 11月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 10月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ