• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

1月7日は「人との関係を見つめ直す日」

2013年1月7日

1月7日は「人日(じんじつ)の節句」~七草粥を食べる理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 今日1月7日は人日(じんじつ)の節句です。と言っても聞きなれない方が多いでしょう。「七草(七種)粥を食べる日」と言ったほうがピンと来る方が多いかもしれません。七草粥というと「おせち料理に疲れた胃腸を休めるために食べるもの」と考えている方も多いことでしょう。それではこの風習にはどんな由来があるのでしょうか。

 中国では古来、正月の1日を鶏の日、2日を犬の日、3日を豚の日、4日を羊の日、5日を牛の日、6日を馬の日とし、そして、7日を人の日としていました。そして、この日には7種類の草を入れた料理を食べ、一年間の除災消除を祈ったとされます。

 日本では平安時代より七草粥を食べ健康を祈る風習が生まれたようですが、江戸時代に入り3月3日の「桃の節句」、5月5日の「端午の節句」、7月7日の「七夕の節句」、9月9日の「重陽(ちょうよう)の節句」とともに、「人日の節句」として「五節句」の一つに決められてから全国的に定着したと言います。

 ところで、「人の日」というくらいですから、人と人の関係を大切にしてきたのもこの日の特徴と言えるでしょう。中国では「人に会う日」とされ「人日筵(じんじつえん)」と呼んでいたと言います。これにならって大本山永平寺などの修行道場では、この日の薬石(夕食のこと)に修行僧や指導役の僧侶が一堂に会し、ともにひと時を過ごすことがあります。普段の修行生活とは一味違った正月らしい雰囲気に包まれる集いでもあります。

 人と人の関係は社会生活の基本。支え支えられている自分自身を、年の初めに見つめ直したいものです。

 「今年も良い出会いがありますように」

 七草粥を食べながらそんな願いをこころに抱くのも良いですね。

(関水博道)

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
曹洞宗の研究機関で活躍する若手・中堅僧侶4人。
宇野全智(うの・ぜんち)/ 曹洞宗総合研究センター専任研究員。山形県大石田町地福寺副住職
上月泰龍(こうづき・たいりゅう)/ 曹洞宗総合研究センター教化研修部門研究生。三重県鈴鹿市泰応寺副住職
菅原研州(すがわら・けんしゅう)/ 曹洞宗総合研究センター専任研究員。宮城県栗原市城国寺副住職
関水博道(せきみず・はくどう)/ 曹洞宗総合研究センター専任研究員。神奈川県横浜市東泉寺副住職

*4人の詳しいプロフィールは⇒こちら
関連キーワードから記事を探す
暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ