• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

この彼と結婚して大丈夫?と迷った時は

2012年12月26日

結婚相手には高い問題解決能力を求めよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

――今回はAneCanの『スパルタ婚活塾』特集を参考に、「今いる彼氏と結婚を考える場合」について話し合っていきます。

ミホ AneCanに載っていた「10歳年下の彼と付き合っている。彼と結婚したいけど経済力や将来性が不安……」という悩みって、ありがちですよね。彼のことは好きだけど、結婚するにはちょっと不安で「ホントにこの彼でいいの?」ともやもやしている女子、多いんじゃないかな。AneCanでは、結婚相手に対して自分が本当に欲しているものをクリアにするために、正反対のタイプの男性に会ってみたらと提案しています。この「いろんな男性にどんどん会って、自分の欲しているものをクリアにする作戦」って、私にも経験ありますが、結構効果があった気がします。

博士 確かに、実際にいろいろな人と会うことで自分の本当の気持ちが見えてくることはあるでしょう。食べ物でも、商品でも、頭の中であれこれ考えるより、目の前にあれば、好みなんて簡単に分かったりしますから。でも、結婚を考えるなら目先の好みだけに振り回されてはいけません。というのは、「私の好みはこういうタイプ」とはっきりわかったとしても、好みのタイプ=結婚生活がうまくいくタイプとは限らないからです。

 結婚生活は「好き」という恋愛感情だけでは乗り切っていけません。結婚生活は、自分の子供も巻き込みながら、40年、50年と続きます。重要な事は、その長い期間、“自分が不幸にならないためにはどうすべきか”ということです。恋愛感情が醒めたあとも続く長い結婚生活において、不幸にならない結婚をするために必要な条件をしっかりと見定めることが重要になるのです。

サチエ 恋愛感情が醒めても不幸にならない結婚のために、相手に求めなきゃいけないものって何だろう……。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
ぐっどうぃる博士
ぐっどうぃる博士
恋愛カウンセラー。理学博士(生命科学専攻)。現在は主に恋愛カウンセラーとして活躍。自身の体験と生命科学的視点を合わせた独自の恋愛メソッドを展開し人気を集めている。悩める女性の恋の問題が解決するサイト『恋愛ユニバーシティ』主催。音声で恋愛を学べるスマートフォンアプリ『ぐっどうぃる博士の音ライブラリー』や携帯公式コンテンツ「恋が叶う99のルール」もある。現在、テレビ、ラジオ、WEB、書籍、雑誌等など多方面で活躍中。また大手企業のマーケティングリサーチや企業のブランディング戦略にも参画。著書に『恋愛マトリックス』(ソフトバンククリエイティブ)、『恋で泣かない女になる61のルール』(講談社)などがある。ぐっどうぃる博士の経歴の詳細はこちらより。
関連キーワードから記事を探す
恋愛・結婚人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ