• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

食のトレンド発掘隊

ポタージュ鍋にご当地鍋!鍋最前線

2012年12月20日

こんな鍋も!まだまだ進化するニッポンの鍋

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 全国には何種類くらいのご当地鍋があるかご存知でしょうか。山口県では「みかん鍋」、鳥取県では「ばばあ鍋」などもあるのだとか。味の想像もできませんね!(笑)

 全国にはまだまだ知らない鍋がたくさん!(参考:全国鍋マップ[紀文])というわけで、今回はその土地ならではの食文化を反映したお国自慢のご当地鍋をご紹介。新トレンドである超個性的な洋風鍋もチェックしてみよう。

 旨い肴と酒、時を楽しむ贅沢空間をコンセプトとした居酒屋「咲くら」では、北新地本店、大阪マルビル店、阪急グランドビル店の関西3店舗でご当地鍋フェアを開催中だ。全国20種類もの鍋が揃っているとか!

「咲くら」の「冬の味覚豪華盛り合わせ×ご当地鍋全20種類コース」(1人前3500円/プレミアムご当地鍋は4500円)の鍋MAP

 ご当地鍋は「冬の味覚豪華盛り合わせ×ご当地鍋全20種類コース」のコース料理のひとつ。北は北海道から、南は沖縄まで、日本全国20種類の鍋が大集結し、好きな鍋を選ぶことができる。

 現在のところの人気ランキングベスト3をうかがった。

 1位は「北海道・石狩鍋」。自家製の味噌ダレとバターの濃厚なスープに鮭、海老、帆立、コーン、ジャガイモなど、北海道の食材を入れた鍋だ。続いて2位は「北陸・北前海鮮塩ちゃんこ鍋」。塩だしに産直素材の北前仕込み烏賊シュウマイとカニ、海老、鮭、ブリなどの豊富な海鮮、そして野菜などが入った鍋。3位は「秋田きりたんぽ鍋」。醤油ベースのスープに、きりたんぽ、鶏肉、ゴボウ、しめじなどの具材を入れたもの。他にも、関西の「寅河豚てっちり鍋」や北陸の「寒鰤のしゃぶしゃぶ鍋」、九州「博多水炊き」なども人気とのこと。

1位は味噌ダレとバターの濃厚なスープに鮭、海老、帆立、コーン、ジャガイモなど、北海道の食材を入れた「北海道・石狩鍋」
画像のクリックで拡大表示
2位は塩だしに北前烏賊シュウマイとカニ、海老、鮭、ブリ、そして野菜などが入った「北陸・北前海鮮塩ちゃんこ鍋」
画像のクリックで拡大表示
3位は醤油ベースのスープに、きりたんぽ、鶏肉、ゴボウ、しめじなどを入れた「秋田きりたんぽ鍋」
画像のクリックで拡大表示

 「ご当地鍋はコース仕様(予約対応)での販売ですが、週替りで3種の鍋を単品でも販売しており、当日でもその3種のご当地鍋からお選びいただけます」と同社広報担当の大石さんは話す。コースでご当地鍋が提供されると会話も盛り上がりそうだ。自分の故郷の味を楽しんでもいいし、新たな味を開拓してみてもいいかも。

 次は、埼玉県越生(おごせ)町の特産品である「ゆず」をおいしく健康的に食べられる新感覚の「ゆず鍋」!

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
グルメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ