• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

婚約したら「私を捨てるのか!」と母が叫び…

2012年12月17日

5年前に別れた彼女の「生霊」を見ました(後編)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 ※前編は⇒こちら

<今週のボク様>
年齢:34歳
仕事:専門商社の人事部
年収:900万円(世帯年収は1350万円)
学歴:関東地方の国立大学卒
家族構成:妻、息子

ビズカレッジの連載「ロスジェネの叫び!」で、2009年2月10日「心の中に“忘れられない女性”がいるんです」に登場

 ナイスガイなのにどこか軽率な男、伊藤。昔の彼女を見間違えた挙句、メールで結婚の報告をするなんて間抜けすぎる…。メアドをさっさと消去しろと言いたい。

 でも、飲みながら聞くには適した内容ではある。自慢話もたまにはいいが、愚かしい失敗のほうが人間臭さを感じるからだ。それが酒をおいしくする。伊藤は幸せな結婚をしているのだろうか。

大宮(以下、O) 結婚生活はどうなの?

伊藤(以下、I) はい、おかげさまで子どもにも恵まれました。彼女は私より5歳も年上なので心配だったのですが、結婚式直後に妊娠しました!

O おい、ちょっと声を小さくしろよ(笑)。どこで出会ったの?

I 3年前の年末でした。会社の先輩が主催のパーティーに参加したら、女優の真木よう子に似た美人がいたのです。

O それは興奮するね!

I 奥手の私にしては珍しく連絡先を聞こうとしました。しかし、ついタイミングを逃してしまい…。仕方ないので真木さん(仮名)と一緒に来ていた山田さんと名刺を交換し、ストレートに「真木さんの連絡先を教えてほしい」とメールしました。回りくどいことはしたくないと思ったからです。

O やるねえ。山田さんがかわいそうな気もするけど(笑)。

I 真木さんから無事に返信が来て、1週間後にデートすることになりました。渋谷にある予約不可のレストランで食事するつもりだったのですが、行ってみたら満席! 私はここで決断力のあるところを見せなければと、同じビルに入っている中華料理店に迷わず入りました。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
大宮 冬洋
大宮 冬洋(おおみや・とうよう)
大宮 冬洋(おおみや・とうよう) フリーライター。1976年埼玉県生まれ。一橋大学法学部卒業後、ファーストリテイリング(ユニクロ)に就職するがわずか1年で退職。編集プロダクションを経て、2002年よりフリー。『日経ビジネスアソシエ』『プレジデント』『きょうの料理ビギナーズ』『dancyu』などで執筆。著書に『30代未婚男』『ダブルキャリア』(共に共著/NHK出版)、『バブルの遺言』(廣済堂出版)、『あした会社がなくなっても生きていく12の知恵〈ストーリー〉』『私たち「ユニクロ154番店」で働いていました』(共にぱる出版)がある。日々の楽しみは食べること。食生活ブログをほぼ毎日更新中。毎月第3水曜日には、読者の方々との交流イベント「スナック大宮」を西荻窪で開催。
関連キーワードから記事を探す
恋愛・結婚人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ