• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

愛され女子の「お掃除グッズ」

2012年12月19日

~男ウケ&エコの両立で、楽しく賢く大掃除

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

~人と地球にやさしい「エコガール」になろう♪~

 忘年会にクリスマスに、と楽しいイベントが盛りだくさんの12月。でも、しっかり者の女子は、浮かれっぱなしじゃありません。

 ある調査で「年末年始の過ごし方で、予定していることは?」と聞かれ、「大掃除をする」と答えた未婚女性は、71%と7割以上(10年トレンダーズ『「年末年始」の過ごし方』に関する意識調査)。1年の汚れをキチンと落として新たな年を迎えたい。そう考える人も多いようです。

 どうせ大掃除をするなら、エコに賢く、手際よく終わらせたい。では、オシャレなエコガールたちが使いこなすお掃除グッズとは、いったいどんなものなのでしょうか。

*      *      *      *      *      *      *

 家電メーカーに勤めるA子さんは、数ヶ月前から“アロマオイル”を使った掃除法を実践中。「大掃除も、アロマに癒されて楽しみたい」と笑う。

 まず水を入れたバケツに、アロマオイルを数滴たらす。続いて、その液体で雑巾を洗い、よく絞ってからキュキュッと拭き掃除をする。

 すると、心地よいアロマがふんわり。香りに包まれながら掃除できるのはもちろん、トイレや下駄箱などの嫌な匂いも消してくれるという。

 「年末の大掃除では、カーペットに精油クレンザーを振り掛けるのもオススメ」だとA子さん。

 精油クレンザーは、エコで知られる“重曹”にアロマをたらしてかきまぜればできあがり。カーペットに振り掛けて少し経ってから掃除機をかけると、クレンザーと一緒にホコリやゴミがきれいに吸い取れる、とのこと。

 トイレ用、カーペット用など、いろいろな洗剤を買い揃えるより、はるかに経済的でもある。

 A子さんは、「天然素材のアロマは、香りがやさしい気がする。カレにも好評です」とも言う。大掃除用に準備した精油は、殺菌や消毒作用もあると言われる、ティーツリーとペパーミントだ。

 また、A子さんに薦められ、掃除に精油を使うようになったのが、派遣社員のB子さん(20代)。

 先日、インターネットで手作りコスメなどを販売する「リンガリンガソープ」(ニュージーランド)のサイトで、「ナチュラルお掃除精油セット」を買った。

 「お掃除の場所別にオイルが組み合わせてあるので、初心者の私でもチャレンジしやすいかなって」。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
牛窪 恵
牛窪 恵(うしくぼ・めぐみ)
マーケティングライター。インフィニティ代表取締役。財務省財政制度等審議会専門委員。1968年東京生まれ。日大芸術学部映画学科(脚本)卒業後、大手出版社に入社して編集、PR担当後、転職し、2001年に起業。トレンド、マーケティング、小売流通、ホテル、旅行関連などをテーマに執筆、講演を行う。4月から東京女学館大学講師、テレビ番組のコメンテーターも務める。主な著書に『男が知らない「おひとりさま」マーケット』『独身王子に聞け!』『ただトモ夫婦のリアル』(いずれも日本経済新聞出版社)など。公式ブログ「牛窪恵の気分はバブリ~♪」
関連キーワードから記事を探す
暮らし方お買い物・節約術エンタメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ