• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

こっそり教える世界の新名所

第1回 大河の上を飛ぶ! 少数民族が暮らす絶景

2012年12月11日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

旅が好き。でもどんな旅行ガイドにも載っている観光地にはうんざりなみなさん。

大丈夫、世界にはわくわくする旅先がまだたくさんあります。

有名な旅先の近くにある意外なスポットや、聞いたこともない旅先など、

地元の人が秘密にしておきたい、とっておきの新名所を紹介します!

 今回はまず、こちらのすてきな民族衣装を身につけた女性の写真をご覧ください。

縄で編んだカゴに座って、サルウィン川を渡るリス族の女性。
写真:Danita Delimont/Alamy

 こちらは中国雲南省や四川省に暮らすリス族の女性。川の上空に張ったワイヤーをカゴに乗って渡っていますが、川面までの高さがかなりありそうです。しかもカゴの速度はとても速くて、まるで空を飛んでいるかのよう! テレビ番組などでご覧になったことがある方もいるかもしれません。

 彼女が渡っているのは、アジアを代表する大河の一つ、サルウィン川。中国南西部からミャンマーを抜け、ベンガル湾に注ぐ川です。このサルウィン川と、メコン川、長江という3本の大河が、中国南西部の「三江併流」と呼ばれる地域では300キロ余りにわたって併走しています。

 併走するといっても、周囲は標高6000メートルを超える山々。気軽に見て回るわけにはいきませんが、深い峡谷や原生林、カルスト地形などのダイナミックな風景を堪能できること間違いなしですし、レッサーパンダやユキヒョウなどの珍しい生き物にも会えるかもしれません。でも何より、あのカゴに乗って川を渡ってみたいと思いませんか?

 三江併流はかなりの秘境なので、訪ねるのも一苦労。雲南省の大里(ダーリー)からバスで12時間ほどで、拠点となる福貢(フゴン)に到着。そこからサルウィン渓谷に入るのが一般的なルートです。絶景を堪能するには、徒歩で散策するのがお勧めです。

 詳しい行き方や旅のベストシーズンなど、プランを立てるときに役立つヒントは、『続 いつかは行きたい 一生に一度だけの旅 BEST500』(日経ナショナル ジオグラフィック社刊)をご覧ください!


『続 いつかは行きたい 一生に一度だけの旅 BEST500』
(ジェレミー・アランほか著、関利枝子、北村京子訳、日経ナショナル ジオグラフィック社)

見たこともない風景や野生動物を堪能できる場所や、まだあまり知られていないリゾートから、パリやニューヨークなど定番の観光地にある意外な名所やお得な情報まで。旅の満足度をアップするアイデア満載の1冊です!

ナショジオストア amazon 楽天ブックス

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

コラムのバックナンバー

関連キーワードから記事を探す
ライフ恋愛・結婚人間関係の悩みお買い物・節約術整理・収納ファッショングルメエンタメ旅行・お出かけ暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ