• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ドレスのようにコートを着こなす秘策

2012年12月8日

レトロ顔コートで大人レディの冬支度

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
pierre cardin アーカイブコレクション

 本格的な冬の到来で、いよいよコートが主役のシーズンに。半世紀前の1960年代風のレトロな風情のコートは着こなしを大人っぽく華やがせてくれそう。クラシックなフォルムはオンでも節度と分別をまとわせてくれる。60年以上の歴史を紡いできた老舗メゾン「pierre cardin(ピエール・カルダン)」のコレクションは、お手本スタイルと出会う宝庫。こんなスタイリングを覚えれば、もうコートに着負けしない。

pierre cardin アーカイブコレクション

 モードはうつろいゆく宿命を帯びているが、さびないファッションもある。歴史の長いメゾン(ブランド)の場合、「アーカイブ」と呼ばれる、かつて一世を風靡(ふうび)した代名詞的デザインを蓄積している。新作も常に、過去のアーカイブに立ち返りつつ、モダンに進化した形でランウェイに送り出される。こういったプロセスを経て生み出される新作には、かつての残り香も秘められているから、時代を超えた普遍美が薫る。

コート 136,500円 pierre cardin 2012-13秋冬コレクション
コート 126,000円 ファー 58,800円 pierre cardin 2012-13秋冬コレクション

 60年代風のデザインはこのところ、モダンクラシックな風情が見直されるようになって、復活を遂げている。現代の服とは一風異なる、ノスタルジックなシルエットは今の私たちにはかえってフレッシュに映る。ウエストを絞り、裾を大胆に広げたドレス風のコートは、レディーのたたずまい。全身に細ボーダーをあしらい、アシンメトリー(左右非対称)にフロントを打ち合わせたコートも、絶妙のカッティングがコートらしからぬコケットな表情を呼び込んだ。古風な帽子と襟元のボリュームファーは初々しさと淑女ムードを交錯させる。

 創業デザイナー、ピエール・カルダン氏の歩みは過去半世紀のモード史と重なる。「エルザ・スキャパレリ」「バルマン」などの名門メゾンで腕を磨いたカルダン氏は巨匠クリスチャン・ディオール氏の創業に参加。伝説の「ニュー・ルック」でもその仕立ての技を披露した。1950年に自らの名を冠したブランドを立ち上げ、革新的なデザインを次々と発表して、世界的なスターデザイナーとなった。日本でもその名声は広く知れ渡った。

 幾何学的なモチーフを好み、宇宙服を思わせるフォルム、ユニセックスな装いなどを打ち出した。米ソの宇宙開発が続き、宇宙時代と呼ばれた60年代にふさわしく、未来感覚のスタイリングでカルダン氏は人気を博した。工業化の進展を映して、ケミカルな素材を最も早い段階から取り入れたのも、カルダン氏の功績とされる。当時は実験的と映ったデザインは約半世紀を経た今、かえってこなれて見える。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
宮田理江(みやた・りえ)
宮田理江(みやた・りえ)
複数のファッションブランドの販売員としてキャリアを積んだ後、バイヤー、プレスも経験。多彩なメディアでファッション業界の現場経験を生かしたコレクションやトレンド情報を発信している。「買う側・着る側の気持ちが分かる」消費者目線での解説が好評。
関連キーワードから記事を探す
ファッション

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ