• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

同じ気温でも寒さ変わる「体感温度」とは

2012年12月5日

「風」「空気」「日差し」で変わる寒さの度合い

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 師走に入った途端に強い寒気が流れ込み、12月初めの週末は関東でも初雪や初積雪を観測。朝晩の冷え込みも一段と強まりました。12月は平年よりも寒くなると1カ月予報で発表され、12月5日からは強い寒気が居座る予想も出ています。

 この時期は「そろそろ一番厚いコートを着ようかな?」「もっと寒くなる日があるから、もう少し我慢したほうがいいかな」と迷いますね。そんな風に迷っていると、結局気付けばずっと同じコートを着る羽目になっている人も多いかもしれません。

 今回は「寒さの質」を見抜いて、この冬を少しでも温かく乗り切るコツをご紹介します。

 冬の気温をみると、全国的に年間で最も低いのが1月下旬から2月上旬あたりです。よって、このころが最も寒いのかと言えば、実際に感じる「体感温度」という側面から言うとちょっと違います。寒さを覚える要因はその時の温度だけではないのです。寒さは、「風が強い」「空気自体が冷たい」「日差しが無い」という3つのタイプに分かれます。

 まず、風による寒さです。冬の太平洋側では、週間予報で晴れマークが並んでいて気温が同じくらいでも、風の強弱で体感温度が変わってきます。風速1メートルで体感温度が1度下がるといわれています。例えば、気温が5度で風速が10メートルなら、体で感じる温度は氷点下です。

 風速の目安として気象庁のHPに「ビューフォート風力階級表」が掲載されています。「木の葉や細かい小枝がたえず動く」のが風力3で風速は3.4~5.4メートル。「砂埃がたち、紙片が舞い上がる」のが風力4で風速は5.5~7.9メートル。「池や沼の水面に波頭がたつ」のが風力5で風速が8.0~10.7メートル。予想最高気温が15度でも、水面が波立っていたら「相当寒いかも」と心構えが出来ます。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
伊藤みゆき
伊藤みゆき(いとう みゆき)
証券会社社員を経て、気象予報士に。日本テレビ衛星「NNN24」の初代気象キャスターに合格。現在はNHKラジオ第一「ラジオあさいちばん」気象キャスター。 光文社の雑誌『STORY』などで連載を持つなど、幅広く活動
関連キーワードから記事を探す
旅行・お出かけ暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ