• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

分かる♪読める♪トクする♪日経読み方入門

「日本取引所グループ」発足の背景とは?

2012年12月3日

投資家の利便性高め、国際競争力の強化を狙う

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この連載では日本経済新聞の記事から、働き女子が知っておきたい、

仕事に役立つ旬な時事テーマをピックアップします。

ニュースの先生は、分かりやすい解説で人気の経済ライターの若槻基文さんです♪

◆◇【入場無料】日経・女性のためのキャリアアップ講座 12月に開催!◇◆
「どんな時代も笑って輝く、あなたを活かすキャリア術 ~稼ぎ力の育て方~」渋井真帆さんが、しなやかで女性らしいキャリアを築くヒントをお届けします

12月17日(月) ホテルモントレ仙台
12月19日(水) ザ・クレストホテル立川


ここに注目!

東証・大証の統合による日本取引所の年明け発足が決定。
(11月21日付 日本経済新聞 朝刊5面)


 東京証券取引所グループと大阪証券取引所はこのほど開いた臨時株主総会で、2013年1月に経営統合し「日本取引所グループ」を発足させることを正式に決めました。証券取引所はそもそもどんな役割を担い、新たな取引所の課題は何かについて解説します。

 証券取引所は一定の基準を満たした企業の株式や債券などを売買する場を提供する組織です。株式が基準を満たし、取引所で売買できるようになることを「上場」といいます。証券取引所で売買に参加できるのは会員資格を持つ証券会社だけで、一般の投資家は証券会社を通じて株式などの売買注文をします。証券取引所の主な収益源は証券会社から得る売買手数料のほか、企業が株式の上場を申請した際の審査料や上場企業から得る上場料などです。国内の証券取引所は東京と大阪のほか、名古屋、福岡、札幌の計5カ所にあります。

 株式を上場すると、幅広い投資家が株式を売買できるようになり、株式発行を通じた資金調達がしやすくなります。成長が期待でき、投資先として魅力ある企業の株式上場が増えて株式の売買が活発になれば、証券取引所の売買手数料が伸びます。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
マネーお仕事術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ