• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日本の冬の寒さを左右する異国の海水温

2012年11月29日

赤道付近の海水温分布が、日本の冬を左右する!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 気象庁が11月22日に発表した3カ月予報では東日本・西日本の冬(12~2月)の気温は、「平年並みか低い」という見通しになりました。それまでの暖冬傾向から一転、寒い冬になる確率が高くなっています。

 沖縄から関東甲信地方にかけての確率予報は、これまで「(平年より)高い40%・並40%・低い20%」と、寒い冬になる確率が2割でしたが、最新の予報では「高い20%・並40%・低い40%」と寒い冬になる確率が4割となってしまいました。この予報変更の原因は何なのでしょうか?

 前回の記事でも書いたように、季節予報には空気の流れだけでなく、海の状態も関わってきます(参考記事:今年は「暖冬」、季節予報のしくみ)。

 その大きな例が「エルニーニョ現象」です。エルニーニョ現象とは、遠く南米ペルー沖の海水温が例年より高くなる現象。これにより、赤道付近で発生する雨雲のエリアが変わってきます。結果として、日本付近は冬型の気圧配置が長続きせず、暖冬傾向になるとされています。

エルニーニョ現象が発生すると、日本付近では、冬季は西高東低の気圧配置が弱まり、暖冬傾向となる(気象庁HPより)

 気象庁では南米ペルー沖の海水温などを監視をしており、毎月10日前後に「エルニーニョ監視速報」を発表しています。今年の9月末に冬の季節予報を発表する段階では、冬の間はエルニーニョ現象が続くとみられていました。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
伊藤みゆき
伊藤みゆき(いとう みゆき)
証券会社社員を経て、気象予報士に。日本テレビ衛星「NNN24」の初代気象キャスターに合格。現在はNHKラジオ第一「ラジオあさいちばん」気象キャスター。 光文社の雑誌『STORY』などで連載を持つなど、幅広く活動
関連キーワードから記事を探す
暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ