• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

モヤモヤ…「停滞感」はこう乗り越える!

2012年10月30日

漠然とした不安の正体を解明してみる

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 今回の草野ゼミは、「新しい自分に挑戦したい」をテーマに、元テニスプレーヤーの杉山愛さんをゲストに迎えて、“壁の乗り越え方”について考えました――。

 仕事に行き詰まったり、人生に思い悩んだり…。真剣に生きているからこそ、ぶつかる“壁”――。特に、環境が変わったり、新しいことにチャレンジするときには、不安がつきまとうものです。前に進みたいけれど、不安な気持ちが重しとなって進めない…停滞感を抱えてしまう人も少なくないと思います。

 今回の相談者は、それぞれの壁にぶつかり、モヤモヤとした思いを消化できずに悩むお二人。1人目は、事務職から新規開拓の営業職への異動という望まない配置転換にモチベーションが上がらず、仕事に対して前向きになれないというAさん。

 「なぜ私だけ…」と不公平感を抱いていらっしゃるようですが、会社員である以上、思いもよらない異動は珍しいことではありません。逆に言えば、それだけ期待されているということ。とはいえ、まだ新人なのですから、できないことを数えても仕方ありません。遠慮せずに周りを巻き込んで、“今できること”を探し、ひとつずつ重ねていく。今が踏ん張り時です。ここを乗り越えれば、きっと違った景色が見えてくるはずですよ。

 また、本来伝えたいことや、やりたいことがたくさんあるのに、うまくそれを言葉にできないと悩むBさん。自己主張ができないことがキャリアアップを阻んでいると感じている様子。“なりたい自分”に届かないという葛藤が本人を苦しめているようですが、常に言葉と思いがリンクして明確に伝えられる人なんていません。自分をダメだと責めすぎないことです。

 今の職場でステップアップを望むなら、まずは“伝え方”のテクニックを磨きましょう。頭の中のもやもやとした思いを書き出していったん整理し、“思いを熟成させる”。その上で、“1回にワンメッセージ”というように、自分なりに伝え方を工夫してみるのも手です。

 ちなみに、ゲストの杉山さんは「自分のやりたいこと100リスト」を書き出して、常に更新しているのだそう。Bさんも、自分の思いを明確にしておくことで、必要な時に必要なことを伝えられるようになっていくのでは?

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ