• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

鯛の刺繍が入った「お宝入れ」

2012年10月25日

大切なものを入れたい、大切な人に贈りたい袋物

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
『お宝入れ』

価格:893円
京東都

 小さな布の袋は、ポーチと同じくらい、女性が好きなもののひとつ。バッグの中で、いろいろなものを小分けする時に、ポーチや袋など“袋物”と呼ばれるものは大活躍する。

 だから、新しい出会いあると、何かに使えそうと手が出てしまう――これは、愛らしい刺繍と丸いかたちに惹かれた袋。紅白と鯛という、日本の祝い事を象徴するモチーフを、布と刺繍で表現している。

「お宝入れ」という名の通り、大切なものをしまっておく、あるいは、小さなものを入れてプレゼントするのにいい。10cm×11cmと小ぶりな大きさ。

「お宝入れ」なので、子どもが小さい時に作ってくれた「肩揉みチケット」や、旅先の川原で拾った小石などを潜ませ、箪笥にしまっている。友人に手作りクッキーを差し入れる時は、フォーチュンクッキーのような気分で、この袋に入れることにしている。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
川島蓉子
川島蓉子(かわしま ようこ)
伊藤忠ファッションシステム マーケティングマネジャー
1961年新潟市生まれ。早稲田大学商学部卒業、文化服装学院マーチャンダイジング科終了。1984年、伊藤忠ファッションシステム株式会社入社。ファッションという視点で消費者や市場の動向を分析している。Gマーク審査委員。読売新聞やMJ、繊研新聞、朝日新聞、ブレーンなどに定期的に寄稿。「伊勢丹な人々」(日本経済新聞社)、「川島屋百貨店」(ポプラ社)、「ブランドはNIPPON」(文藝春秋)、「ライフスタイル仕事術」(PHP研究所)など著書多数。
関連キーワードから記事を探す
暮らし方お買い物・節約術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ