• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

初デートで「また会いたい」と思わせるには?

2012年11月22日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

婚活イベントで知り合った彼との初デート。気分を害するようなことはしていないつもりだけど、なかなか次のデートの誘いが来ない。もしかしたら、「いい感じ」と思っていたのは私だけ?

潮凪 デートの際、男性にすべて任せきりではなく、デートを一緒に楽しく作り上げていこうという一体感が感じられた時、「また会いたいな」と男性は思うもの。自分から話題を切り出せる「話し上手」な面と、うまく話を引き出してくれる「聞き上手」な面をバランス良く持っている女性にも「また会いたい」と思うものです。

 また、1度目のデート中に、「次はどこに行こうか」と盛り上がった場合は、デート後に「今日はありがとう。次はいつといつなら空いているよ」と女性からメールすると、男性も「じゃあこの日にしよっか」と流れですぐ返答できます。男性にその気がなければ返答をしない、もしくは「忙しい」と返事があるでしょうから、女性としても結果がわかりやすいですよね。

 もし、1回目のデートでいくら意気投合したとしても、その時点でのキスなどのボディスキンシップは男の「下心」を引き出すだけ。この結果、男性は下心を満たしたいがために、「また会いたい」と口にすることも。それでは長続きしません。いいなと思える男性との関係を大切に育みたければ、最初から軽卒な行動はとらないことです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

コラムのバックナンバー

もっと見る

Profile
潮凪 洋介(しおなぎ・ようすけ)
「恋愛は現場で起こっている! 会議室や書物の中ではない!」を合言葉に書籍、女性誌コメント、テレビ、ラジオ、リアルイベントプロデュースを通してメッセージを発信する傍ら、AllAboutの「恋愛ガイド」をつとめ20万人のユーザーと向き合う。『男が「大切にしたい」と思う女性50のルール』(三笠書房)、『もう『いい人』になるのはやめなさい』(中経出版)など、国内外で書籍を多数出版。

水野真由美(みずの・まゆみ)
「ラブライフバランス研究所」代表。男女が自然に出会える「合コンセッティングサービスRush」を創設。80万人が参加する業界随一のサービスへと育て上げる。現在は「ラブライフバランス研究所」にて、個性分析から自分の魅せ方、出会い、交際、成婚までを個別サポートしている。
関連キーワードから記事を探す
恋愛・結婚人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ