• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

やっぱり男性は「家庭的」なタイプが理想なの?

2012年10月25日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

せっせと料理教室やお花の教室に通っている私。さりげなく披露してみても、イマイチ男性の反応が薄い。一方、料理も掃除も苦手と言っていたB子が早々に結婚。男性って家庭的な女性のほうがいいんじゃないの?

潮凪 30代や40代の独身男性の場合、一人暮らしの経験が長いほど、自分で食事が作れたり、掃除や洗濯も普通にできてしまうものです。また、結婚や子供が生まれたのを機に、人が変わったように率先してマイホームパパに切り替わる男性も多くいます。女性側から家事の協力を求められて、喜ぶタイプの男性もいますしね。そのため男性は、実は女性に家庭的な機能を求めすぎない傾向があります。家事も分担で、子育ても分担、掃除も手分けして……。そんな協力的な男性が増えていることが、男性の結婚の条件を変化させています。

 逆に、家庭的な「だけ」、つまり社会のことをまったく知らない女性には魅力を感じないという意見もキャリア系の男性からは多く聞かれます。男性が抱える仕事の仕組みや大変さを理解できず、男女間で意見が対立してしまうことがあります。「接待なんかしてないで、早く帰ってきてよ!」などと一方的に言う女性などがその例です。

 仕事をしている女性なら、家事に関して男性と対等という関係もアリだと思います。今の時代、料理を作ることに抵抗がない、むしろカッコいいと思っている男性は多いですしね。それに、自立した女性は常に守ってあげなくてもいいので、男たちからするとラクなのです。家庭的「にも」なれる「社会」を知っている女性が好まれる時代と言えるでしょう。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
潮凪 洋介(しおなぎ・ようすけ)
「恋愛は現場で起こっている! 会議室や書物の中ではない!」を合言葉に書籍、女性誌コメント、テレビ、ラジオ、リアルイベントプロデュースを通してメッセージを発信する傍ら、AllAboutの「恋愛ガイド」をつとめ20万人のユーザーと向き合う。『男が「大切にしたい」と思う女性50のルール』(三笠書房)、『もう『いい人』になるのはやめなさい』(中経出版)など、国内外で書籍を多数出版。

水野真由美(みずの・まゆみ)
「ラブライフバランス研究所」代表。男女が自然に出会える「合コンセッティングサービスRush」を創設。80万人が参加する業界随一のサービスへと育て上げる。現在は「ラブライフバランス研究所」にて、個性分析から自分の魅せ方、出会い、交際、成婚までを個別サポートしている。
関連キーワードから記事を探す
恋愛・結婚人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ