• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
Profile
福田健
福田健(ふくだ・たけし)
話し方研究所会長。
1961年中央大学法学部卒業後、大和運輸(現・ヤマト運輸)に入社。67 年に言論科学研究所入所し、指導部長、理事を歴任。83年に話し方研究所を設立、現会長。これからの時代のコミュニケーションの取り方について研究、指導に当たる。特に民間企業、官公庁での講座・講演活動を多く展開し、研究所主催の個人向け「話し方・聞き方」講座も実施している。 著書には『人は「話し方」で9割変わる』、『女性は「話し方」で9割変わる』(以上、経済界)、『上手な「聞き方・話し方」の技術』(ダイヤモ ンド社)、『「できる人」の相談する技術』(角川書店)など。話し方研究所ホームページ 話し方研究所Facebookページ 無料iPhone向け電子教育アプリ「美しくなる女性の怒り方~今を生きる女性のコミュニケーション」
  • 大韓航空副社長の激怒騒動を機に考えたい!怒り上手の極意とは?

    大韓航空副社長が自社機の乗務員のサービスに“激ギレ”した騒動が注目を集めている。報道を見る限り、副社長の怒り方は、実に大人げないとしか言いようがない。衆人環視の中でこんなキレ方をする大人はそうそういな...

    つづきを読む

    2014年12月9日

  • 終章:「怒る人」は賢い人、そして美しい人

    かれこれ、半年以上にわたって、私のコラムにおつき合いくださった方々へ、お礼申し上げます。怒った方がよいか、それにしても、カッとなって怒った後のいたたまれない自己嫌悪に、すっかり落ち込んで、「もう怒るの...

    つづきを読む

    2013年7月30日

  • 怒りっぱなしにしない

    「許せない!」と強い口調で相手を怒り、「○○さんには失望した」「私がどれだけ迷惑したのか、わかっているんですか」などと、声を大にして怒ってしまいました。相手も不機嫌になり、後味の悪さがいっぱい残ってい...

    つづきを読む

    2013年7月23日

  • 「怒ったから終わり」ではない

    怒りの感情を相手に伝える――そのために、相手を考え、言い方を工夫して発信をするのですが、その後どうしてますか。一度口に出してしまうと、それで終わったように思いがちですが、そうではないんです。

    つづきを読む

    2013年7月16日

  • 間違って怒った場合、どうするか

    「自分は正しい、相手が悪い」と思って、怒ったのですが、実はそうではなかった。間違って怒ってしまい、「しまった」という思いをした経験をした覚えはありませんか。間違って起こってしまった場合にどうすればよい...

    つづきを読む

    2013年7月9日

  • 相手が受け入れやすい怒りの表現とは?

    今回は、怒りの表現を相手に受け入れやすくする方法について考えてみましょう。相手を非難・攻撃せず、相手のことをよく知って、歩み寄ってもらえるような話し方をすることが大切です。

    つづきを読む

    2013年7月2日

  • 怒りを文字化するメリットを再考しよう

    怒りの感情は強いエネルギーをともないます。このことは、何度となくふれてきました。「怒る技術」とは、怒りの感情を爆発させることなく、いかに相手に伝えていくかにむけられるものです。「書き出す」「文字化する...

    つづきを読む

    2013年6月25日

  • 怒りを紙に書き出してみる

    ムシャクシャし、激しいイラダチを抱え、爆発寸前のA子さん。口火を切ったら怒りの感情のコントロールができなくなる、どの怒りを誰に対して発信したらよいか分からないため言い出しかねている、といった理由で言わ...

    つづきを読む

    2013年6月18日

  • 爆発寸前の怒りを誰にぶつけたらよいか

    腹が立つ。ムシャクシャする。でも、ムシャクシャやイライラの原因がいくつも錯綜していて、なにから言えばいいのか、誰に怒ったらいいのか、頭が混乱して、よく分からない。職場で仕事をするなかで、あるいはつき合...

    つづきを読む

    2013年6月11日

  • だけど、声を大きくすることも必要

    前回、怒る時、「大きい声」を出さないこと。声は低めにして、言うべきことははっきり口に出して伝えると、書きました。

    つづきを読む

    2013年5月28日

  • 怒るときは大きい声を出さない

    電車の中で「腹が立ったから、あいつに言ってやった」という声が耳に入ったので、振り返ると、若い女性――20代後半ぐらい?――が、同じ年格好の女性を相手に話していました。

    つづきを読む

    2013年5月21日

  • 怒る技術と怒った後のコミュニケーション

    先週の座談会の記事は読んでいただけましたでしょうか?読者の皆様が日々感じている事をお聞きしてこの連載も少しはお役立てできているのではないかと嬉しくなりました。

    つづきを読む

    2013年5月14日

  • 【座談会】上手に怒るテクニック

    前回に引きつづき、「怒り方」座談会の後半編を紹介! 読者の“怒り方”成功・失敗体験をヒントに、福田先生が「上手に怒るテクニック」を指南します

    つづきを読む

    2013年5月10日

  • 怒らないための「言い訳」はいくらでもある

    怒ったからと言って、すぐに問題が解決する訳ではありません。むしろ、怒り方次第では、かえって問題がこじれ、人間関係にしこりが残るから「やっぱり怒らない方が良い」と思う人もいます。

    つづきを読む

    2013年5月7日

  • 「キレる」がいけないとは限らない

     怒る人は、孤立しがちです。「怒るのはよくない」との評価が行き渡っているせいか、誰かが怒ると、まわりはさっと引いてしまいます。

    つづきを読む

    2013年4月30日

  • 二つの怒りを区別しよう

    人が「怒る」場合、二通りのケースが考えられます。第一の「怒り」は、「思い通りにならなかった場合」で「ワガママ」「身勝手」から生じる怒りです。

    つづきを読む

    2013年4月23日

  • 自分なりの「怒る」基準をつくろう

    怒る人がいれば、怒られる者がいる。怒るのも、コミュニケーションですから、両者がお互い、知恵を働らかせて、やりとりを工夫することが、とても大事です。

    つづきを読む

    2013年4月16日

  • 「怒る」「怒られる」関係を維持するには

    前回はお休みをして、申しわけありませんでした。その間、座談会形式で、5人の女性から「美しくなる女性の怒り方」について、ご意見を伺ったり、「怒る」を巡っての体験を話してもらったりしました。

    つづきを読む

    2013年4月9日

  • こんな場合はどう怒るか ― C子さんの例

    次の例、あなたならどう対処しますか。あなたは入社十年のベテラン女性社員C子さんです。経験を積んできて「仕事の進め方」「人との接し方」など、大抵のことはポイントをつかんでおり、上手にこなしています

    つづきを読む

    2013年3月19日

  • 怒られる側に立ってみる

    怒るには、それなりの理由があるはずです。ところが、怒られる側に立つと、「怒られること自体」決して面白いことではありませんから「身構え」てしまい、気色ばむ人もいます。

    つづきを読む

    2013年3月12日

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
関連キーワードから記事を探す
キャリア&スキル就職・転職働き方副業お仕事術コミュニケーション術資格・語学マネーPC・スマホ教養・マナーウーマン・オブ・ザ・イヤー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ