• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

キレイな人の24時間&美活アイテム

航空会社WOMANさんの24時間&美活

2012年10月25日

「好きなことを我慢しない」が秘訣!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

仕事で活躍しながら輝くような美しさを保っている女性たちは、日々、どんな過ごし方をしているの?

食事、美容、運動からストレス解消習慣まで、気になるあの人の24時間スケジュールをたっぷりお見せ

します!

好きなものは我慢せずに
エステで美をリカバー

ANA 東京空港支店 旅客部 旅客課
アシスタントマネジャー
高澤 欣子 さん
Yoshiko Takazawa
Yoshiko Takazawa
1978年生まれ。32歳。2002年ANA入社。羽田空港のグランドスタッフとして様々な業務に携わり、現在は利用頻度の高いプレミアムメンバー向けの接客・サービスを担当する

 「同じ羽田空港にいても、仕事のときと、プライベートの旅行で来るのとでは気分が全く違いますね」。こう話す高澤欣子さんは、ANAのグランドスタッフとして勤続10年目。勤務時間はかなりユニークだ。

 「朝5時から14時まで勤務の早番を2日、13時から22時まで勤務の遅番を2日終えたら2日間休みという生活です」。日によって大幅に違うシフトや、運航スケジュールに追われる緊張感。そんな中でも「好きなことを我慢しない」のが、高澤さんの美しさの秘訣かもしれない。

 「唯一の楽しみである昼食は、大好きなマクドナルドでハンバーガーにポテトとコーラという日も多いです。甘いものも好きなので、家でのくつろぎ時間にはマカロンやチョコ菓子も欠かせません」。美容に対しては、「ズボラなので自分ではあまり十分にケアできていなくて…。週1回、通っているフェイシャルエステに頼りきりです(笑)」。

 航空会社を希望したのは、幼いときの経験から。「単身赴任中に倒れた父のところへ行くため、家族で飛行機に乗ったとき、客室乗務員の方や搭乗口のスタッフに優しくしてもらって」。そんな思いから、仕事中にどんなプレッシャーがあっても笑顔で落ち着いて対応するよう心がけている。「実家暮らしなので、母に何でも話すことで、不安や疲れもなくなっていきます」

美活Q&A

Q.美容のために気を付けていることは?
A.週1のフェイシャルエステに頼る


「20代の頃、サーフィンが趣味で日焼けしすぎたのをきっかけに、週1のフェイシャルエステでなんとかしてもらっています(笑)」

Q.ストレス解消法は?
A.大切な人と過ごす&旅行


「友人と食べ歩きをしたり、大切な人と旅行したり、仲間と過ごすことがストレス解消に」。同僚との沖縄旅行では海釣りも楽しんだ

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

コラムのバックナンバー

関連キーワードから記事を探す
暮らし方キャリア&スキル

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ