• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

幸せになる方法は2つ――1.他人と比較するのをやめる、2.「慣れる」ことをやめる

2015年4月17日

「自分は今、ハッピーなのだろうか?」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 中堅ビジネスパーソンから、こんな質問を受けることがあります。

「同期より出世が遅れていたり、学生時代の友人より給料が低かったりすると、情けなさを感じたりします。気にせずに済むにはどうしたらいいでしょうか?」

 こういう人はきっと、どのような状況でも同じことを言っていると思います。仮に年収が1000万円を超えていても、同期が1100万円もらっていれば嫌な思いをするでしょうし、同期を追い越したとしてもまた別の比較対象が現れて同じように悔しい思いをするでしょう。

 他者と比較している限り、決して幸せにはなれないのです。

 人間の「幸せ」に関しては、ハーバードでの講義で議論したことが印象に残っています。
 What is happiness?
(幸せとは何か?)

 こういったことは普通、学校の授業では教えてくれません。現代社会は価値観も多様化しているので、その定義はよけいに難しくなっているでしょう。僕もこの時はいろいろなことを考えさせられました。そこで思ったのは、Knowing “Just Enough”─「これで十分、満足したことを知る」ことです。

 僕が「これができたら人はもっと幸せになれるのにな」と考えることが2つあります。
 1つは、他人と比較するのをやめること。

 人を満足から遠ざけるのは、他人と比較することです。本来、幸福というのは内面的なもののはずです。他者と比べたり、優位性をもって判断すべきでないのです。外部と自分を遮断し、内なる心に耳を傾けてください。

「自分は今、ハッピーなのだろうか?」

 人と比べることをやめることで、安らかな気持ちになれることが多いはずです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ