• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

定番ライダースの3大コーデワザ

2012年10月13日

革ジャケットをあえてフェミニンに着こなす

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 人気が長く続くライダースジャケットはこの秋冬も健在。今シーズンはレザーが世界的なトレンド素材になるから、是非とも取り入れたい。ハードな印象が強いライダースやレザージャケットを扱いづらいと感じる人もいるが、実は手持ちワードローブとなじませやすい。着こなしをマスターして、秋の深まりを革の手触りとともにおしゃれを楽しんで。

◆花柄を差し込んで甘辛ミックス

 ダークな表情になりがちな黒革ジャケットに、ロマンティックなムードを持つフラワープリントは全体のトーンを整える心強いベストパートナー。おしゃれ上級者も好むスタイリング技だ。色と柄の両方でフェミニンを差し込める上、ライダースを脱いだ後にあでやかさが際立つドラマティックな変化も楽しめる。

 正面に折り目がついたセンタープレスのパンツはこの秋冬トレンドの新風。きちんと感が出るから、タフ顔のライダースに合わせると、ラフな印象を薄めてもらえる。総花柄のシャツを垂らして裾をのぞかせれば、視線が散って、全身のプロポーションが整う。袖先からのぞいた花柄が、手首にブレスレットを巻いているかのような見栄えに。重たくなりがちな秋冬はこういう「ちょい見せ」のはみ出し小技が貴重になる。

 パンツが華々しく復権するこの秋冬だから、お仕事系地味パンツ以外にもトライしたい。花柄パンツはインパクトが強めだが、このようなボタニカルなムードが漂うタイプなら、オフィスにも持ち込みやすくなる。黒革のライダースとも絶好の相性を発揮する。あえて、ツンと先の尖ったポインテッドトゥのハイヒールを持ってくるのも、ライダースをフェミニンに引き寄せるおすすめの手口。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
宮田理江(みやた・りえ)
宮田理江(みやた・りえ)
複数のファッションブランドの販売員としてキャリアを積んだ後、バイヤー、プレスも経験。多彩なメディアでファッション業界の現場経験を生かしたコレクションやトレンド情報を発信している。「買う側・着る側の気持ちが分かる」消費者目線での解説が好評。
関連キーワードから記事を探す
ファッション

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ