• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

必ず生かせる!デジタルノートの使い方

2012年10月11日

「どう保存しておけばいいか迷うもの」こそデジタル化する

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 今回のメインテーマは「Evernoteの使い方」です。

 「Evernote」とはデジタルノートです。このツールを初めて耳にしたという人はとてもラッキーです。パソコンやスマートフォンを使っていて、これ以上便利なツールはちょっとないくらいだからです。それにMacでもWindowsでもiPhoneでもAndroidでも利用できます。

 「会社で使えないから意味がない」という方もいらっしゃるのですが、私には仕事でもプライベートでもこの上なく活躍してくれます。会社で使えないとしたら非常に残念ではありますが、ぜひプライベートでの利用を検討して下さい。使い始めるだけであれば無料で利用できます。本格的に使い込むとなると月額500円弱かかりますが、500円で使えるのは不可解なほどすぐれたツールです。

「不要なもの」を保存する

 それほど便利なツールなのですが、Evernoteをどう使ったら便利なのかが全然分からない、という声もよく聞きます。どう使ってもいいのですが、そう言われたときには私が最初にオススメするのが「不要であるか、必要ではあるがめったに必要にならないすべての情報を保存しておく」ことです。

 「不要に近い情報のために月500円もかけるなんて…」という方もいらっしゃるのですが、よく分からない書類や雑誌を詰め込んである引き出しや書棚を空けてみてください。そこには「不要かそれに限りなく近い情報」が山のように入っていないでしょうか? 書棚も引き出しも、その空間も、おそらく無料ではありません。月500円くらいは使って、私達は不要な情報をせっせとためこんでいる場合が少なくありません。

 不要に近いのであれば一掃すればいいようなものですが、全部まとめては捨てられないからこそ、保存されているわけです。そのようなものこそデジタル化しましょう。そうすれば少なくとも紙の大半を処分することができてスッキリしますし、情報自体はデジタル化されるので必要になったら再利用することも可能です。

 「デジタル化はいいけれど見つけ出せなくなるのが不安」という人もいらっしゃいます。紙なら見つけ出せるかと言えばそうとも限らないと思いますが、アナログの探し物に慣れていて、デジタルとなると慣れないから不安なのでしょう。そこでごく簡単な整理術を紹介しておきます。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
佐々木正悟
佐々木正悟
心理学ジャーナリスト。「ハック」ブームの仕掛け人の一人。専門は認知心理学。1973年・北海道生まれ。ネバダ州立大学リノ校・実験心理科博士課程で学ぶ。
ブログ「ライフハック心理学」主宰
Twitterはこちら
関連キーワードから記事を探す
PC・スマホ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ