• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

大自然の真ん中で「やったー!」と叫ぶ

2012年10月11日

未経験だからこそ、面白く、刺激的

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 トーニャを乗せた小型機を見送り、一天にかき曇る雲の下で、私は漠然と考えた。

 まず思ったのは、いきなりこの状況は、日本ではありえない……、ということである。

 飛行機から下りたら、もう帰る手段がないこの大自然のど真ん中で、なんの打ち合わせも、予行練習も、準備体操も、名刺交換も(持っていないけど)、なんにもないまま、突然、「橇犬たちをよろしく~」と置きざりにされたのである。

 普通なら、「ど~しよ~」となるところだ。

 が、私の心は沸々と嬉しくなってきて、そうか、ということは……、「しばらくの間、この大自然も、犬たちも、私一人だけのものなのだ~。やった!」となった。

 しかも、森の生活も、橇犬たちとの暮らしも、すべてが初めてである。

 とかく人生、面白く生きたいと思っている私にとっては、初めてというのが、何よりも楽しくて面白い。

 未経験だからこそ、全てのことに動揺して、感動して、心配して、悩んで、怒って、笑って、喜んで、人間の感情という感情が総動員して忙しくなる。それが、刺激的なのである。

 そうと心が固まれば、後は簡単。早く犬たちに会いたい。

 トーニャは、飛行機が飛び立つ前に、スティーブという男性が私のことを案内してくれると言っていた。約束どおり、その彼がやって来て、ここからはボートで湖を横断すると言う。

 トーニャの敷地は、滑走路のある村からまだ遠くに行かなければならず、船に乗り込むと、まるで大海原のように大きなミンチュミナ湖を横断するようにひた走った。

続きはWEB版「ナショナル ジオグラフィック」(3ページ目から)でご覧ください。

この記事はWEB版「ナショナル ジオグラフィック」の連載「アイスブルーの瞳」の第6話 やった!この大自然も犬たちも私だけのもの!!を一部転載したものです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
廣川まさき
廣川まさき(ひろかわ まさき)
ノンフィクションライター。1972年富山県生まれ。岐阜女子大学卒。2003年、アラスカ・ユーコン川約1500キロを単独カヌーで下り、その旅を記録した著書『ウーマンアローン』で2004年第2回開高健ノンフィクション賞を受賞。近著は『私の名はナルヴァルック』(集英社)。公式サイト
関連キーワードから記事を探す
暮らし方エンタメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ