• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

誰でもロジカルに問題の解決方法を見つけられる「ロジックツリー」とは?

2015年4月15日

ノルマは達成できなくても気にしないこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

ノルマは達成できなくても気にしない。まずは取引先にコツコツ種をまいておく

 営業職にはノルマが付きものです。数字を達成できないと「きちんと仕事をしているのか」と怒られたりということもあるでしょう。それでは気が重くなります。そうならないためには、ノルマを達成するようスキルアップすることが第一なのはいうまでもありませんが、目の前の数字にこだわらず、将来的に数字を上げられる態勢を整えておくことも大切です。

 例えば1カ月の間にこれだけの数字を上げろというノルマが提示されているとして、できない人はその月の数字ばかりを気にしてしまいます。「今月は、まだこれしか売上を出していない。どうしよう」と気持ちが焦り、とにかくその場しのぎでも何でも目の前の数字を上げることにしか意識が働かなくなるかもしれません。客先で強引に話を持っていこうとして失敗したり、その時は売上となっても顧客の信頼を損ねているということもありえます。

 一方、デキる人というのは、今月の数字が悪くてもさほど気にせず、2カ月先、3カ月先の数字を上げるための動きをしています。例えば今月は売上にならない顧客のところにも顔を出すなど、将来への投資、種まきを着々と行っているのです。

 こういう動きをしていれば、たとえ今月は受注できなくても焦る気持ちにはなりません。お客さんとの信頼関係を深めることができたのであれば、今は数字に表れなくても必ず次につながります。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ