• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

片思い相手の残念なその後。「カラ笑い」しました。

2012年10月15日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
<今週のボク様>
年齢:32歳
仕事:総合商社勤務
年収:800万円
学歴:有名国立大卒
家族構成:妻

ビズカレッジの連載「ロスジェネの叫び!」で、2008年7月22日「フラれたのが悔しくてサックスを習い始めました」に登場

 4年前は「年上女性に甘えたい」「モテるためにサックスを習い始めた」などと楽しい戯言を繰り返していた小林洋二(仮名、32歳)。現在はすっかり穏やかになり、少し老けたような印象も受けた。聞けば、病み上がりなのに激務なのだという。小林、大丈夫なのか。

 最初はビールで乾杯したが、2杯目はホットティーを注文する小林。じゃ、僕も同じものをください。助かるなあ。実はこのところ酒にめっきり弱くなり、胃腸も疲れ気味なのだ。認めたくはないけれど、僕たちはもう若くない。

大宮(以下、O) 小林くんも30代になったのか。お互い中年だねえ…。学生の頃の文学青年なイメージが強いので、なんだか違和感があるよ(笑)。

小林(以下、K) こんなオレでもモテ期はあったんですよ。

O おおっ、いいねえ。すでに過去形なところが(笑)。いつごろ?

K 前回インタビューを受けた直後です。

O もしかしてサックス効果?

K それもあると思います。留学という目標のために勉強にも仕事にも打ち込んでいて、たまの息抜きでサックスを吹く。いかにもカッコいいじゃないですか(笑)。

O どんな風にモテたの?

K 3人の女性から食事の誘いメールが頻繁に届くようになりました。僕はまめに返信するほうなのですが、仕事が忙しいので返事する暇もなく別の女性からメールが来ちゃう。

O うわー、大変だ。お祭りだ! で、二股三股をかけまくったと。

K 食事以上のことはしていませんよ。すでに彼女がいたんで。それがいまのヨメですけど。しかも留学がほぼ決まっていたので、他の女性と進展するつもりはまったくありませんでした。「誘われて夕食の予定が空いていればOKする」というガッツかないスタンスでした。それがよかったのかな。本当にモテまくりましたよ。

O 人生の大切な思い出、だね。うらやましいなあ。

K 冬洋さん(←筆者の名前です)も楽器をやるといいですよ。仕事だけじゃなく、音楽の話もできるなんて素敵じゃないですか。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
大宮 冬洋
大宮 冬洋(おおみや・とうよう)
大宮 冬洋(おおみや・とうよう) フリーライター。1976年埼玉県生まれ。一橋大学法学部卒業後、ファーストリテイリング(ユニクロ)に就職するがわずか1年で退職。編集プロダクションを経て、2002年よりフリー。『日経ビジネスアソシエ』『プレジデント』『きょうの料理ビギナーズ』『dancyu』などで執筆。著書に『30代未婚男』『ダブルキャリア』(共に共著/NHK出版)、『バブルの遺言』(廣済堂出版)、『あした会社がなくなっても生きていく12の知恵〈ストーリー〉』『私たち「ユニクロ154番店」で働いていました』(共にぱる出版)がある。日々の楽しみは食べること。食生活ブログをほぼ毎日更新中。毎月第3水曜日には、読者の方々との交流イベント「スナック大宮」を西荻窪で開催。
関連キーワードから記事を探す
恋愛・結婚人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ