• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ダイエット、「1食マイナス80kcal」がコツ

2012年9月20日

「1食マイナス80kcal」で、1カ月マイナス1kg

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 「ダイエットに、食べちゃいけないものはない!」という管理栄養士・野菜ソムリエの岸村康代さん。岸村さんは、これまで数々のダイエット指導を行い、成功させてきました。そこから「成功するダイエットのコツ」を教えていただくこの連載。第2回のテーマは「1食あたりマイナス80kcal」の法則です。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

減量の目標は「自分の体重の5%以内」に

 皆さんはダイエットの時、どのくらいの期間にどれだけ体重を落としたいと考えますか?

 1週間でマイナス5kg!なんて落とせればもちろんすごいことですが、そんな短期間で極端に体重を落とすには、食べないという危険な方法しかありませんし、無理な方法で落とした体重はあっという間に元に戻ってしまいます。

 ちなみに、「食べない」で痩せると、痩せる時にまず水分が抜けて「見かけの体重」はすぐに減りますが、筋肉も落ちてしまいます。そこにリバウンドで脂肪がついてしまうという、怖い戻り方になります。

 そこで1カ月に1kg~自分の体重の5%以内くらい(体重50kgの人の場合、1カ月1kg~2.5kg)の減量を目安の数値と考えてください。

 ゆっくりなペースに思われるかもしれませんが、思い起こしてみてください。短期間に体重を落とすダイエットに成功して、今までキープできた方は少ないのではないでしょうか。リバウンドのリスクを軽減するためにも、そして苦なく続けるためにも、これぐらいのペースで確実に落とすことが大切です。

 具体的には、まず日々の摂取カロリーを減らすことから始めましょう。筋肉でも水分でもなく、脂肪1kgを燃やすために必要なエネルギー量は、約7200kcalと言われます。これを1カ月かけて減らすと考えると…。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

コラムのバックナンバー

もっと見る

Profile
岸村 康代
岸村 康代(きしむら・やすよ)
野菜ソムリエ・管理栄養士。「目的に合わせて栄養価の高い食材を効果的に摂る」という“パワーフードスタイル”を提唱。ビューティーフードトレーナーとしてダイエットカウンセリングを行うほか、商品開発、講師、テレビ・雑誌などで活躍。
*日本野菜ソムリエ協会:「ビューティーフードプログラム
*岸村康代オフィシャルホームページ「Power Food Style
関連キーワードから記事を探す
ダイエット

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ