• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

秋ストールトレンド4種巻き徹底マスター

2012年9月15日

今年もバリエを増やしたい!秋ストール巻き方講座

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 ストール&スカーフは息の長い人気が続く。浮き沈みの激しいファッションの世界にあって、異例の長期政権が続く理由はアレンジの幅が広いから。だから、新しい操り方を覚えれば、手持ちアイテムの表現力がアップ。以前も大好評だった「秋ストールの新発想巻き方講座」に続き、今回も頼れる巻き方を、手順解説の連続写真付きで分かりやすく手ほどき。秋冬トレンドの着こなしと合わせて、着回しを応援してくれそうな巻き方アレンジをマスターして。

PASHMA 2012-13秋冬コレクション
 

 ストールも洋服のようにそのシーズンのトレンドに合った物を揃えておくと、スタイリングが引き立つ。ダンディーやレディーライクが主な潮流となる今シーズンは、ドラマティックでクラシックなプリントのストールを迎え入れておきたい。ペイズリー柄やアールデコ調模様、幾何学的(ジオメトリック)パターン、アート系モチーフなどの大人プリントをチョイスすれば、地味になりやすい秋冬ルックに彩りが加わる。

◆ネックレス風にアレンジ

 この秋冬は首周りにアクセントを置くのがおしゃれの新ルール。付け襟やボリュームネックレスなどで変化を呼び込んで。巻く、羽織るといった当たり前の操り方だけではない、新手のハンドリングを覚えると、ストールを1枚買い足したような効果が手に入る。例えば、「ねじる」というストール術は立体感も出せるから、マスターして損はない。首周りの華やぎを生んでくれるネックレス風のストール術を使いこなせば、シンプルなオフィスルックにも艶やかさをプラスしやすい。

まずは基本の一重巻き。細長い状態にして、首にくるりとルーズめに巻く。先端を揃えないで、斜めに遊ばせるのが、落ち感を出し、たおやかに見せるコツ。
片方の先端を首の輪の中に上から入れて、ねじりを作る。
さらにもう1回、首の輪の中に上から入れて、さらにねじりをこしらえる。
もう片方側も同様に2回、ねじりを作る。
まるでネックレスのような、立体感ある首周りが完成。下に垂れ下がる部分は時に揺らめいて、エレガントな印象を醸し出してくれる(パシュマストール ¥23,100 シルク50%/カシミア50%)。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
宮田理江(みやた・りえ)
宮田理江(みやた・りえ)
複数のファッションブランドの販売員としてキャリアを積んだ後、バイヤー、プレスも経験。多彩なメディアでファッション業界の現場経験を生かしたコレクションやトレンド情報を発信している。「買う側・着る側の気持ちが分かる」消費者目線での解説が好評。
関連キーワードから記事を探す
ファッション

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ