• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

年金不安のコツコツ女子の貯“金”生活

2012年9月10日

金のセミナーに30代女子が急増

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 「金、キン、ゴールド」といきなり言われても、普通の人の反応としては「うーん、最近よく聞くし興味がないわけじゃないけど、なんか、やばそう」という感じでしょうか。

 かくいう私も、スイス銀行を辞めてワールド・ゴールド・カウンシルという金の国際機関に転職したときは、母親に泣かれましたもの。非営利国際機関なのですが、「ワールド?怪しい!」「ゴールド?もっと怪しい」という感じですかね。

 たしかに、私が講演する「ゴールド・セミナー」でも、リーマン・ショック前までは出席者のほとんどがオジサマたちでした。それが3年ほどまえから女性が増え始めたんです。

 そして氷河期世代の若者が増え、いまや赤ちゃん連れの若夫婦も参加してきます。会場の雰囲気もネクラからネアカに激変していますね。

金のセミナーに30代女性が急増しているのはなぜ?

 写真は、東京・日本橋の新商業施設YUITOに女性たち約100人が参加して開催された「コツコツ女子のためのゴールド講座」の様子。平日の18時30分。勤務を終えた働く女性、千葉から駆け付けた30代の主婦や看護師さんもいました。

 長年こうしたセミナーの講師を務めてきた私から見て新鮮だったのは、会場内に投資セミナー特有の「もうけてやるぞ!」というムンムン感が皆無ということです。講師の私の話を聞きつつ、几帳面にノートの罫線に沿ってボールペンを走らせています。その姿を見た、関係者が思わず「進学塾みたいですね」とつぶやきました。

 写真の「ゴールド講座」は参加者の平均年齢が30~35歳でしたから、「年金もらえない世代」。だからこそ、今のうちから投資信託とか金とかをコツコツ積み立ててみようか、という発想になるのですね。

 また別の日には、東京・丸の内の帝劇ビル地下1階会議室で丸の内で働く女性が50人ほど集まり、「金勉強会」を開くというので講師をさせていただきました。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

コラムのバックナンバー

Profile
豊島逸夫
豊島逸夫(としま・いつお)
豊島逸夫事務所代表。一橋大学経済学部卒。国内銀行、スイス銀行外国為替貴金属ディーラー、ワールド ゴールド カウンシル(金の国際機関)日本代表を経て現職。金関連の著作も多く、日経電子版、ブログなどでの情報発信も旺盛。機関投資家向けにはブルームバーグ端末Toshima&Associates(コード GLD)。ツイッターは @jefftoshima/仕事の問い合わせは jefftoshima@hyper.ocn.ne.jp
関連キーワードから記事を探す
マネー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ