• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

結婚に辿り着きやすい女性とは?

2012年8月29日

結婚を意識するのは悪いことですか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

> 今回の課題図書と登場人物はこちら

――今回は雑誌『OZ plus(7月28日発売)』の「わたしらしさがアップする 恋愛・結婚」特集を参考に、結婚に至る法則を考えていきます。

サチエ この特集では恋愛ができない女子について触れているんですが、恋愛が遠ざかってしまう原因の一つに、「すぐに結婚を意識してしまうこと」が挙げられています。いいなと思う人がいても相手の収入や生活力などの条件ばかりに目を向けてしまう結果、恋愛に発展しにくくなっていませんかというんですが。

博士 女性が結婚をゴールにしたいなら、結婚を意識することは悪いことではないでしょう。ただし、結婚に向けての「正しい」努力が必要です。

多くの女性は、「自分が好きになった男性となんとか結婚まで辿り着きたい」と思っているわけですが、ここに罠があります。実は結婚出来るかどうかは、「好きになった男性をどうやって結婚まで導くか」ではなく「 “結婚を真剣に考えている男性”をどうやって見つけて、付き合うか」で決まると言って良いからです。

サチエ どういうことですか?

博士 これまでの恋愛相談などから、僕は男性のタイプを3つに分けました。「今すぐ結婚したい男性」これは女性にアプローチする全ての男性の1割程度います。次に「今はしたくないけど、いつかは結婚したい男性」これが8割程度、最後に「結婚は絶対にしたくない男性」が1割程度いるんです。

「今すぐ結婚したい男性」と付き合えば、とんとん拍子に結婚まで辿り着くのですが、それ以外の男性を相手にすると、「付き合って、自分を心から好きにさせて、結婚を決意させる」という流れを踏まなければいけないわけです。とくに結婚を絶対にしたくない男性と付き合ったらおしまい。どんなに努力しても無駄で、その男性と関わっていればいるほど婚期は遅れます。

絶対に結婚したくない男性をそれと知らずに3年付き合ったけど、結婚してくれなくて結局別れたということはよくある話ですよね。

サチエ すごくわかります。

博士 最初の段階、つまり、どのタイプの男性を選ぶかによって、結婚に辿り着けるかどうかがかなりの部分決まってしまうというのは知っておいたほうがいい。結婚をゴールにしたいなら、出会いの段階で、結婚モードに入っている男性しか相手にしないというのは一つの方法ですね。

「今は結婚したくないけど、いつかは結婚したい男性」を相手にするにしても、最初の段階で「男性が結婚を決意する7つのスイッチ」が、どの程度入っているかを見極めたほうがいい。

例えば、夢を追いかけている最中の男性や定職に就いておらず経済的に安定していない男性はターゲットにしないほうがいいでしょう。また、周りの男性たち(職場や男友達)がぜんぜん結婚していない環境にいるなら、「まだまだ遊んでいて当たり前」という考えになりやすい傾向があるのでお勧めしません。

だから付き合う前の段階で、何人かの男性を並行して見極めることをおすすめしたいですね。

サチエ 何股もかけちゃうって、ことですか?

博士 そうではありません。彼氏になる前の段階として、一緒に食事に行ったり、メールのやりとりをしてみたり。そういった彼氏候補は複数いたほうがいいってことです。最初から特定の一人に執着したら、勝負に勝ちにくくなりますから。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
ぐっどうぃる博士
ぐっどうぃる博士
恋愛カウンセラー。理学博士(生命科学専攻)。現在は主に恋愛カウンセラーとして活躍。自身の体験と生命科学的視点を合わせた独自の恋愛メソッドを展開し人気を集めている。悩める女性の恋の問題が解決するサイト『恋愛ユニバーシティ』主催。音声で恋愛を学べるスマートフォンアプリ『ぐっどうぃる博士の音ライブラリー』や携帯公式コンテンツ「恋が叶う99のルール」もある。現在、テレビ、ラジオ、WEB、書籍、雑誌等など多方面で活躍中。また大手企業のマーケティングリサーチや企業のブランディング戦略にも参画。著書に『恋愛マトリックス』(ソフトバンククリエイティブ)、『恋で泣かない女になる61のルール』(講談社)などがある。ぐっどうぃる博士の経歴の詳細はこちらより。
関連キーワードから記事を探す
恋愛・結婚人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ