• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

“超一流”のチームを作るリーダーとは

2012年8月22日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 前回は、人のものの見方やとらえ方、感じ方や受け止め方に「枠」がくっついて、頭では分かっていてもなかなか行動に移せなかったり、「こんなやり方はダメだ」と思っていても、いつの間にか元のやり方に戻ってしまったりする。そんな、人や組織を無意識のうちにある方向に向かわせ、結果を左右する「パラダイム(価値観の枠組み)」についてお話ししました。

 この「パラダイム」とは、ときに非常に自然で疑いようもない中に潜んでいます。そんなとき、人はおかしなことに全く気付かないまま、本来進むべき方向を大きく狂わせていたりするものです。

 人を惹き付けるリーダーが持っているコミュニケーション・センスの第一要素は、自らが抱えているこの「パラダイム」を感じ取り、行きたい方向にシフトするセンスを持っているかどうかでした。

 ではここで突然ですが、皆さんにそのセンスを試す問題を一つ。

 皆さんの職場にも「企業理念」「モットー」「行動規範」等があると思います。それらはきっと、社員証の裏とか幹部社員の後ろの壁などに掲げてあったりするでしょう。中には、毎日朝礼のときに唱和する職場もあるかもしれませんし、一言一句漏らさずそらんじている方もいらっしゃることでしょう。

 そこには非常に大切なことがいくつも書かれていることでしょうが、そんな誰も疑問を挟まない極めて正しいと思える言葉の中に、実は、人や組織をおかしくしてしまうことが隠れていることがあります。

 問題に戻りますが、下記の文言はある超一流外資系ホテルの行動規範の一項目です。超一流ですから、「お客様第一」を素晴らしく実践しており、その「ホスピタリティ」に満ちた接客は世界中から絶賛を浴びています。その一項目の文章はこうなっています。「お客さまの特別なリクエストにお応えするために自分の持ち場を離れなければならない場合には…」と。

 さて、この後に続くと思われる文章を加えてこの項目を完成させてみてください。では、どうぞ!

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ