• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

人生も部屋も、スッキリが一番!

断捨離して人生が変わった女性たち<前編>

2012年9月24日

結婚や就職、ダイエット成功などで驚きの成果

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

断捨離をすることで自分が抱えていた問題に気付き、人生が好転していく…。

そんな経験をした女性たちを直撃!

結婚や就職、ダイエット成功など、驚きの成果を語ってくれました

断捨離Data
1*断捨離した時期
2*きっかけ
3*捨てたもの
4*変化したこと
5*断捨離後のMYルール

Case1
過去の写真と“鎧(よろい)”を捨てたら結婚相手と出会えた
阿部梨香さん
(仮名・37歳・電機・営業企画・夫と2人暮らし)

断捨離Data
03年、07年
1度目は元彼と別れたとき。2度目は上京を決意したとき
1度目は大量の写真、洋服、バッグ、雑貨などゴミ袋6個分と、無理して付き合っていた友人との関係。2度目は家具や本などダンボール箱5個分と、結婚願望
自分が身にまとっていた“鎧”を脱ぎ捨てることができ、弱い自分に気付かされたからこそ、「これからは強くなれる」と思った
「好きなものを必要な分だけ持つ」「自分に向き合う」

 「29歳と33歳で断捨離をして、転機を迎えた」と阿部梨香さん。当時、断捨離という言葉は普及していなかったが、「今の自分にそぐわないもの」を一気に捨てたという。

 29歳の断捨離は、地元の名古屋で結婚間近だった彼との失恋がきっかけだ。「彼に300万円も借金があって、別れを決意。すごく結婚したかったので、しばらく泣き暮らしました」。沈んだ気分を立て直そうと、3日間かけて自室を断捨離した。「過去の写真をほとんど捨てたら『私はこうでなきゃ』という気負いがなくなり、すっきりしました」。失恋について興味本位で聞いてくる友人とも決別。本当に心配してくれる親友2人だけと付き合うようにした。

 33歳の断捨離は、10年以上勤めた会社を辞め、上京したとき。「事務の仕事は工夫し尽くしたし、婚活もうまくいかず、自分が腐ってしまいそうで。親友がいる東京に出て生まれ変わろうと思って」。大量の本や家具を捨て、最小限の荷物だけで上京。「結婚も、もういいやという気分になりました」。営業企画として就職した会社で仕事を頑張っていたところ、同僚に告白され、交際3年で結婚へ。「初めて、ダメ男ではなく“正しい人”と付き合えた。断捨離して余計な“鎧”を脱ぎ捨てたら、やりがいのある仕事と理想のパートナーに巡り合えました」

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

コラムのバックナンバー

関連キーワードから記事を探す
整理・収納キャリア&スキル

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ