• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

学生結婚・出産の「美人」で「有名人」

2012年8月3日

アキンド女~勝間和代(1)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 自分の存在を「物語」にして「商売」にしていく女を「アキンド女」と名付け、漫画家の西原理恵子(以下、サイバラ)、倉田真由美(以下、くらたま)を取り上げてきた(サイバラ編、くらたま編は⇒こちら

 今回はこの2人の友人でもある経済評論家・勝間和代(以下、カツマ)を取り上げ、一時は“カツマー現象”まで起こした彼女のアキンド女ぶりを検証したい。

大学在学中に公認会計士合格、学生結婚・出産

 カツマの実家はプレス工場を経営しており、彼女は中学から慶応義塾中等部に入学し、その後、慶應義塾女子高、そして慶應義塾大学商学部に進学する。

 さらに高校時代から公認会計士試験の勉強を始め、2次試験は、当時の制度では最年少の19歳で合格し、大学3年の夏から会計士補として働き出す。

 ここまでは、順風満帆に突き進むのだが、大学4年の春に学生結婚&出産によって、「エリートお嬢様」路線を“コースアウト”をしてしまうのだ。

 カツマは最初の結婚で3人の娘に恵まれ、さらに再婚と離婚をしているのだが、実は彼女をアキンド女たらしめいているのは、この「ワーキングマザー」としての経験によってなのだ。

ワーキングマザー向けのコミュニティー「ムギ畑」

 カツマというと、2007年に『お金は銀行に預けるな!』がベストセラーになったあたりから、名前を知った人が多いだろう。

 しかし彼女はその以前から一部の女性たちの間では有名であり、私も98年頃から彼女のことは知っていた。

 それは、97年に開設されたワーキングマザー向けのインターネットコミュニティー「ムギ畑」の管理人「ムギ」としてなのだ(ムギ畑については、本人による解説が詳しい(⇒「ムギ畑」)。

 カツマがワーキングマザーとして働き出した1990年代は、ワーキングマザーのコミュニティーや情報がまだまだ少なかった。そんなときに彼女が頼ったのが、インターネットの前身であるパソコン通信のニフティサーブ(現在の@nifty)だったのだ。

 私も90年代はじめからニフティサーブを使っているが、当時はマイナーな存在のパソコン通信ではあったものの、さまざまなテーマについて熱心に情報交換するフォーラムが多かったものだ。

 カツマはそのニフティサーブのワーキングマザーフォーラムの中心メンバーとして活動し、やがてインターネットブームも起こることから、インターネットコミュニティーの「ムギ畑」を開設するのだ。

 「ムギ畑」は、ワーキングマザーから絶大な支持を受け、4000人もの会員を抱えるまでになる(現在の会員数は2500人ほど)。

 カツマが、サイバラやくらたまと親交を持つようになるのもこの頃であり、同じワーキングマザーとして親しくなっていったのだ。

強みは「オタク気質」

 カツマは、大学3年の夏から半年近く監査法人で働いて長女を出産、出産後は外資系会計事務所で4年近く働き次女を出産、そして外資系銀行で3年働き、次にコンサルティング会社で5年働き三女を出産、さらに証券会社で4年働いて独立する。

 優秀なワーキングウーマンのように見えるが、実際にはワーキングマザーとして非常に苦労したと語っており、彼女を支えてきたのはこのムギ畑の活動だった。

 コンサルティング会社で働いているときには、このムギ畑の活動を本業でも活用しているほどである。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
深澤真紀
深澤真紀(ふかさわ・まき)
コラムニスト・編集者。企画会社タクト・プランニング代表取締役社長
1967年、東京生まれ。早稲田大学第二文学部社会専修卒業。卒業後、いくつかの出版社で編集者をつとめ、1998年、企画会社タクト・プランニングを設立。若者、女性、食、旅など、様々なテーマの企画や執筆や講演も行っている。日経ビジネスオンラインで2006年に「草食男子」や「肉食女子」を命名、「草食男子」は2009年流行語大賞トップテンを受賞し、国内だけはなく世界で話題になる。平成の女性を語った『女はオキテでできている―平成女図鑑』(春秋社)など著書も多数。公式サイトhttp://www.tact-planning.com
関連キーワードから記事を探す
暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ