• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

クールに着こなすマキシ丈スカート

2012年8月4日

マキシ丈スカートの着こなしを3倍楽しめる新コーデ案

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 毎夏人気のマキシ丈スカート。ロング丈でも身体に張りつかないから、風が通って、夏本番もさわやかに過ごせる。歩くたびに揺れる風情も涼やかで、薄着になりがちなサマーシーズンの装いをエレガントに整えてくれる。この夏は今までの甘い雰囲気ではなく、クールに着こなすマキシ丈ルックが人気。トップスをライトにできる点でも清涼ルックを手に入れやすい。夏場から秋口まで使えるお役立ちマキシコーデを、Tシャツ、ニット、シャツのトップス3種にからめて速習していこう。

◆Tシャツ+マキシ丈スカート

 夏服の欠点は、ルーズな手抜きコーデに見えがちなところ。薄着が増えて、軽く見えやすくなるのも困りもの。でも、ボリュームがたっぷりあって、裾がゆらめくマキシ丈スカートなら、トップスがラフなTシャツでもメリハリあるコーデに。むしろ、量感と肌見せ度が対極のアンバランスコーデとなり、似たり寄ったりになりやすい夏の装いに変化をもたらす。

 リゾート風のイメージが伴うマキシも、このような黒プリーツにすると、ぐっとモードな表情に。プリーツの細やかな揺れ動きが黒に軽さを与えてくれる。夏にふさわしい極薄のエアリーな生地だから、透ける風情が目にも涼やか。実際に風が吹き抜けるので、はき心地もさわやか。白の無地Tシャツでも、ダイナミックなモノトーン・ルックに仕上がる。きちんと顔のマキシなら、オンの装いにもなじませやすい。

 甘いフラワープリントを配したマキシ丈スカートが一時、街を彩ったが、今季は抽象的なモチーフが知的なムードをまとわせる。ジャクソン・ポロックのアクションペインティングを連想させるような、細かい色の響き合いは、マキシ丈を子どもっぽく見せない。逆に、ガーリーに見せたいときは、ポップなビッグモチーフを選んで。Tシャツの上からオンした大ぶりネックレスのおかげで、胸元が寂しく見えない上、品格も上乗せ。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
宮田理江(みやた・りえ)
宮田理江(みやた・りえ)
複数のファッションブランドの販売員としてキャリアを積んだ後、バイヤー、プレスも経験。多彩なメディアでファッション業界の現場経験を生かしたコレクションやトレンド情報を発信している。「買う側・着る側の気持ちが分かる」消費者目線での解説が好評。
関連キーワードから記事を探す
ファッション

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ