• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

なでしこジャパン今日初戦へ!応援ガイド

2012年7月25日

新世代のスター出現にも期待!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 もうすぐロンドンオリンピック。そもそもテレビなんかでスポーツの試合を観ていると“エッ”てなること、ありませんか。「今のが得点?」とか「どっちが守備?」みたいな、ルールを知らなさすぎて、“エッ”を通り越して思い切りポカーンってなることって、ありますよね。ところが、大前提だからか、テレビでこうしたルールを知る機会はほとんどありません。いつもいつもポカーンとする気持ちを押し殺しているうちに、ふと「なんだかつまんねー、スポーツ...」とさえ思ってしまうのです。そこで、4年に1度しかないこの祭典を身近に感じ楽しんで頂けるように、ロンドンオリンピックで注目すべき5種目の「3大ポカーンとなりやすいポイント」を紹介。各競技のミドコロを掴むもよし、大勢でテレビ観戦中に分かってる風な解説をするもよし。脱ポカーンを目指してサラッと読んでいただきたいオリンピックのトリセツ、全5回。競技が行われる直前にちょくちょく更新していきます!

サッカーの三大ポカーンポイント

<ルール解説>

 今日初戦を迎える、なでしこジャパン。まずは、サッカーのルールをしっかり押さえておきましょう。サッカーの得点や勝敗は、見ただけで分かりますね。足とか身体でボールを蹴ったりコントロールして、相手陣地のゴールに多く入れた方の勝ち。選手は両チーム11人ずつで、前半後半各45分間、合計90分間戦って、引き分けの場合には延長戦やPK戦もあります。オリンピックでは、男子サッカーは基本的に23歳以下の選手のみの参加。女子サッカーには年齢制限がありません。

<ポカーンとなりやすいポイント1>
「やっぱり分からないオフサイド」

 何度説明されても、やっぱり分からない。もはや、教える方も適当に教えがち。そんなルールの代表格が、ベタではありますが「オフサイド」。「攻めているチームの選手が、敵チームの選手よりもゴールに近い位置にいる味方選手にパスを出すと反則」というルールなんですが、やっぱりなんだか分かりにくいんですよね。

 上のイラストはオフサイドの状態を表したもの。ここでは攻撃側の青いユニフォームを着た11番の選手が、緑のユニフォームを着た相手チームの4番の選手よりもゴール近くにいます。この状況で、攻撃側の10番の選手が11番の選手にパスを出すとオフサイド。ちなみに、イラストで4番の選手がいる位置を「オフサイドライン」と呼び、この見えない線がオフサイドになるかならないかを左右します。攻撃側のチームがパスを出す瞬間、守備側の選手がこのオフサイドラインを意図的に上げ、オフサイドを誘う「オフサイドトラップ」という作戦もあります。テレビなどでの観戦時には、選手がオフサイドラインを意識しながらプレーしている様子をチェックしてみてください。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
廣川淳哉
廣川淳哉(ひろかわ・じゅんや)
編集者。雑誌「日経デザイン」「ブルータス」「Pen」や日産自動車のウェブマガジン、企業の会社案内などを編集したり、原稿を書いたりしています。
過去には、社員食堂やゲーム関する連載をしてみたり、「iPad」のガイドブックを作ってみたり、白金に1ヶ月間限定のショップをオープンしたことも。
2010年には、JAXAと共同開発したウェブアプリケーション「MOONBELL」が平成21年度文化庁メディア芸術祭アート部門/WEBで審査委員会推薦作品に。 フットサルチームの監督をやっています。
関連キーワードから記事を探す
エンタメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ