• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

もっとトクする!買い物術

プロの買い物テクに見る、賢い買い物術(2/2)

2012年7月10日

使いどころ、締めどころを考える時間を持とう

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 節約アドバイザーの丸山晴美さんは、8月号では100円グッズの選び方を教えてくれたが、「押入れの中の収納や便利な台所用品など、人目に触れない部分にだけ100円グッズを上手に活用するのが、生活にチープ感を漂わせないコツ。また、肌に触れるもの、洗剤などの薬品類も、ドラッグストアなどで性能のいいものを買うほうが、結果的にコストパフォーマンスが高いです」と、使い分けることをすすめていた。

 締めるところは締めつつ、こだわりたい部分には投資する。そんな上手なお金の使い方をするために必要なのが、「計画性を持つ」「時間の余裕を持つ」ことだ。

 食材を買うなら「底値」を把握して、そのときに安い食材を中心に献立を考える。常に家の中の様々なストックの量を把握し、ミネラルウォーターや米、あるいは洗剤類など、宅配で注文したほうが運ぶ手間も省けてラクなものは、送料が無料になる価格までまとまるまで待ち、まとめて注文する。花輪さんは、家電も長期計画で考え、ほしいと思っている商品の価格が下がる時期を待ち、さらにインターネットで複数のショップの価格を常に比べて、おトクな時期にリーズナブルに購入した。実は大の家電好きという横山さんは、家電類を買う際には、ネットなどを利用しスペックなどをしっかりと比較。本当にいいものを、おトクに購入するだけでなく、「調べる時間をしっかりと取ることで、本当に必要なものか冷静に考えられるようになります」と話す。

 必要に迫られてから買うのでなく、安い時期を待って買う、あるいは商品を比較したり、本当に必要なのかを考えたりする時間を持つことで、上手に買い物することができるのだ。

 日経WOMAN8月号では、食材の底値の見つけ方、100円ショップの活用術など、生活の中で節約する方法でなく、いかにおトクに買い物するか、本当に自分のためになるお金の使い方は何かを紹介しているので、ぜひチェックしてみて!

文/岸本洋美=日経WOMAN

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

コラムのバックナンバー

関連キーワードから記事を探す
お買い物・節約術マネーキャリア&スキル

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ