• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

“引き算”がポイント!浴衣メイクの基本

2012年7月2日

夏前に抑えておきたい浴衣メイク

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 こんにちは、MANAMIです。

 そろそろ花火へ出かける予定を立てている方も多いのでは? 花火といえば、やっぱり浴衣を着て行きたいですよね。今回は、浴衣姿をぐっと素敵に見せるメイクとヘアのポイントをご紹介します。

浴衣メイクのポイントは「今っぽさ」をマイナスすること

 近ごろは、ツヤ肌にしっかりアイメイク、立体感を強調するチークが主流ですが、浴衣を着る日のメイクはこれと「真逆」を意識すること。浴衣の似合う和風美人になるポイントは、「肌はややマットに」「目元はすっきりめ」「チークを下げて平面的に」の3点。この基本を押さえたら、あとは浴衣の柄と合わせた色のアイシャドーを使うなどご自身の浴衣にぴったりのメイクを見つけてくださいね。

アイメイクのポイント
今回は浴衣の柄の差し色にもなっているパープルのアイシャドーを使用。パープルのアイシャドーを二重幅くらいに塗り、アイホールの上部分にハイライトカラーのアイシャドーを塗る。
リキッドアイライナーでアイラインを引く。このとき、まつ毛の隙間を埋めるのではなく、まつ毛の生え際の上にスーッとラインを引くのがポイント。あえて「透け感」を残すことで、涼しげな目元を演出。ナチュラルタイプかセパレートタイプのマスカラを塗ってアイメイク完成。
チークのポイント
やや平面的な和風顔に見せるために、チークは低めの位置まで広くふんわり入れること。ピンク系チークをブラシに取り、こめかみから頬の中心よりやや下までぼかしていく。
リップのポイント
くっきりとした口紅を塗ると和装顔になり過ぎてしまうので、唇は赤みとツヤをプラスする程度に。唇の中心に濃いめのピンクの口紅を置いて、まわりにポンポンと指で広げる。その上にグロスをのせ、唇全体に伸ばす。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
MANAMI
MANAMI(まなみ)
メイクアップアーティスト 15歳よりモデルを始め、18歳からは主に台湾を中心にモデル、タレント、作家などの芸能活動をした後、引退後はメイクアップアーティストとして国内外で舞台、スチール、ショー、芸能人のヘアとメイクを担当。また講師としても活動中。ブログ
関連キーワードから記事を探す
メイクアップ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ